フィーカ

「スウェーデン人と日本人は似ている」と聞くと、意外に思われるのではないでしょうか。ところが、徹底した個人主義を貫きながらも、節度や協調性を重んじる傾向にあるスウェーデンの人々は、わたしたち日本人と少しばかり似ているところがあるようです。

 

そんなスウェーデンには、「FIKA(フィーカ)」と呼ばれる素敵な習慣が存在します。本記事では、スウェーデンを語るうえで欠かすことのできない「フィーカ」とコーヒー事情についてご紹介します。

スウェーデンの豊かなコーヒー文化「フィーカ」

職場のコーヒーブレイク

世界中で飲まれているコーヒーはそれぞれの国の日常に溶け込み、特有のコーヒー文化が形成されてきました。スウェーデンのコーヒー文化であるフィーカとは、いったいどのような習慣なのでしょうか?

家族や友人たちと過ごす大切な時間

フィーカ(Fika)とは、スウェーデン語で「コーヒー(もしくはお茶)を飲むこと」を意味しています。スウェーデンの日常にフィーカは欠かせないもので、1日たりともフィーカのない暮らしなんて考えられないといいます。日常的にコーヒーを飲んでいる人にとって、スウェーデンのフィーカはそれほど特別な習慣のように思えないかもしれません。しかしながら、フィーカには単なるコーヒーブレイクや気分転換以上の意味があります。

 

スウェーデンの人々にとって、フィーカは家族や友人たちと落ち着いて過ごすことができる大切な時間です。また、彼らはひとりの場合でもフィーカの習慣を忘れることはなく、コーヒーを飲みながらゆったりとしたひとりの時間を楽しむのです。

フィーカのお供に人気のお菓子は?

フィーカでは、甘いお菓子やパンをお供にコーヒーやお茶をいただきます。定番のシナモンロールや「掃除機ケーキ」という奇妙な名前のマジパン菓子のほか、「モローツコーカ」と呼ばれるキャロットケーキやクッキーなどが人気です。また、「ペッパーコーカ」というジンジャークッキーやほんのり甘い「ルセカッテ」というパンなどは、クリスマスの時期のフィーカに欠かせないアイテムとなっています。

仕事の合間のフィーカで職場環境が変わる

近年では、仕事の合間にフィーカの習慣を義務付けているスウェーデン企業が増えています。多くの企業では、午前と午後に15分ほどのフィーカの時間を取り、コーヒーを飲んだり軽食をつまんだりしながら談笑するのだとか。

 

このように職場にフィーカを取り入れることで、コミュニケーションの円滑化を図ることができ、生産性アップや職場環境をより良いものに変える効果が得られているそうです。日本には、仕事の後の飲み会で社内外の人と親睦を深める習慣がありますが、スウェーデンの場合には、フィーカが誰もが働きやすいと感じる「風通しの良い職場」を実現するのに役立っています。

スウェーデンのコーヒー事情と波乱万丈なコーヒーの歴史

スウェーデン

フィーカの主役ともいえるコーヒーですが、スウェーデンではどのようなコーヒーが好んで飲まれているのでしょうか? スウェーデンのコーヒー事情とコーヒーの歴史をご紹介します。

カフェインを愛するスウェーデンの人々

スウェーデンでは酸味の強い浅煎りのコーヒーを好む人々が多く、苦みの強いものよりも、濃くてスッキリした味のコーヒーが好んで飲まれています。現地のレストランやカフェでカフェインレスのデカフェなどを注文しようものなら、周りの人々に鼻で笑われてしまう可能性も。

 

深煎りのコーヒーに比べると浅煎りのコーヒーはカフェイン含有量が多いことで知られていますが、どうやらスウェーデンはカフェインをこよなく愛する人々が多い国のようです。

 

関連記事:深煎りと浅煎りの違いとは?焙煎度合による味の違いを知る

コーヒー禁止令と双子研究について

いまでこそスウェーデンの人々に広く愛飲されているコーヒーですが、スウェーデンの歴史を調べてみると、少なくとも5回は「コーヒー禁止令」が発令されていたことがわかります。コーヒーを飲んではいけないだなんて大げさなと思うかもしれませんが、それだけコーヒー(カフェイン? )に夢中になる人が多かったという証拠なのではないでしょうか。

 

ところで、スウェーデンのコーヒーに関する歴史の中で、とりわけ興味深いのが「双子研究」と呼ばれているコーヒー実験です。18世紀にスウェーデンを統治していたグスタフ3世は、コーヒーの有害性を実証することを思い立ちます。この実験では、死刑を言い渡されていた双子の囚人それぞれにコーヒーと紅茶が与えられました。ところが、コーヒーを飲んでいたほうが長生きしてしまい、実験本来の趣旨に沿うどころか、コーヒーの健康効果を実証するという結果に終わりました。

 

関連記事:コーヒーのカフェインは風邪に効果あり?風邪のときの効果的な飲み方

関連記事:偉業の影にコーヒーあり。コーヒーからインスピレーションを得ていた偉大な音楽家

フィーカを取り入れてちょっとひと休みしてみては?

コーヒーカップ

スウェーデンの素敵な習慣であるフィーカは人生をゆったりと楽しみ、心を充実させるのに一役買ってくれるはず。完璧なるスローライフとまではいかなくても、フィーカを日常に取り入れれば、心穏やかに過ごすことができるかもしれません。

 

忙しい生活を送っているからこそフィーカの習慣にならって、意識的にちょっとひと休みしてみるのも大切なことなのではないでしょうか。

 

関連記事:コーヒーにまつわるトリビアをご紹介【会話のネタにぴったりかも? 】

関連キーワード
  • 逆に新鮮!?最近話題のレトロで渋い"純喫茶"のススメ
  • ベルリン中心部、ブランデンブルク門
    【ドイツのコーヒー文化】スペシャルティコーヒー激戦区 ベルリンのカフェ事情
  • コーヒーコレクティブ
    「ヒュッゲ」の国のサードウェーブコーヒー The Coffee Collective (コーヒー・コレクティブ)
  • カフェ
    大ブレイクの可能性あり? 2019年に注目したい3つのコーヒートレンド
  • 渋谷トップ
    老舗名店『喫茶店TOP』 渋谷駅近辺で純喫茶を巡る

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう