カフェンド編集部の独断と偏見で選んだ、カフェで働くイケメンを取材する企画【カフェ男】第11弾です!

 

今回は、渋谷にあるダブルトールコーヒーバー渋谷cocoti店の店長、田村さんにお仕事の合間を縫ってお話をお聞きしてきました。

 

取材のためにおしゃれなファッションを選んできてくださったという田村さん。来店された常連客の方々に服装を突っ込まれるたびに見せる、照れたような笑顔が印象的なイケメンバリスタです。

田村さんのプロフィール

名前:田村賢太(たむら けんた)
年齢:35歳
出身:茨城県(就職で上京)
職業:ダブルトールカフェ渋谷店店長・バリスタ主任
趣味:カメラ・お散歩
出勤日:月~土(大体週5~6日)
彼女:いない
好きなタイプ:やさしい人

出身地である茨城県から就職のために上京したのは、田村さんが18歳の頃。はじめは和食に携わっていたのだそうです。

 

コーヒーに関わる仕事を始めたきっかけは、大手コーヒーチェーン店への転職。このときに、ラテアートにも興味を抱いたのだとか。実は田村さん、ラテアートの大会で国内第1位、世界第2位の実力の持ち主なのです。

 

バリスタ歴は10年。店長として日々お店に立ちながら、今もラテアート技術の研鑽に努めています。

ラテアート世界第2位・国内第1位の実力派のお茶目な素顔

 

大手コーヒーチェーン店での仕事をきっかけに、コーヒーの魅力や接客サービスの楽しさに魅了された田村さん。その後、「バリスタとして技術を深めたい」と赤坂のフランス料理店「オーバカナル」に転職します。(オーバカナル赤坂は2018年9月28日に閉店)

 

オーバカナルでは、バリスタ業界で名を馳せる先輩バリスタたちとの出会いに恵まれました。

 

「先輩方との出会いはもちろん、ダブルトールでもいい仲間に恵まれているおかげで今があると思っています」(田村さん)

 

先輩バリスタたちの技術を生で見ながら、現場・自宅で練習を重ね続けた先に辿り着いたのが、世界大会「Coffee Fest Latte Art World Championship Portland 2014」準優勝、国内大会「UCC COFFEE MASTERS Latte Art Championship 全国大会 2017/2018」優勝を代表とした、数々の受賞歴なのです。

 

実力が形になった数々のトロフィー。

 

 

「今でこそお店の仕事が中心ですが、はじめは自宅での練習も相当重ねました。家にも自宅開業できるほどの機器が揃っているんですよ」と語ってくれました。

 

そんな実力派の田村さんですが、語り口は朗らかで気さく。時にお茶目な面も覗かせます。

 

今回はお店の営業のかたわらインタビューさせていただいたのですが、取材用のおめかし姿に、訪れる常連客の方々が口々に「お、今日はなんだか違うじゃない」とひとこと。そのたびに、「いやあ、取材のときくらいはね(笑)」と照れたような笑顔を浮かべます。

 

なかには、「なんだか痩せたんじゃない?」と突っ込むお客様も。そう、実は田村さん、最近10kgの減量に成功したのだとか。「モテのため?」の質問の答えは「いや、違いますよ!(笑)」とのこと。実際には、雑誌に掲載された自分の写真を見てダイエットを決意されたのだそうです。成果は見ての通り。スマートなイケメンバリスタですよね。

コーヒーを淹れる束の間のひととき。お客様と楽しむ会話も大切

 

インタビュー中には、たびたびお客様が来店されました。ひとりで店を切り盛りする田村さんは、そのたびに接客に入ります。

ビジネス街に位置し、サッと買って行ける路面店ということもあり、平日も朝から多くのお客様が訪れるのだそうです。

 

「ラテアートの大会にも出続けていますし、技術の向上にも努めていますが、やっぱりメインはお客様においしいコーヒーをお出しして、会話を楽しむ時間なんですよね」と田村さん。

 

おいしいと自信を持って提供できるものをメニューに取り揃え、個人的に「どれがおすすめ」といったことは言わないのだそうです。

 

「好みもありますからね。また、うちの店は客層が幅広いのが特徴で。小さなお子さま連れの方には、お子さま用に飲みやすいものを提供しています」

 

 

そのうちのひとつが、レモネード。隠れた逸品で、もちろん自家製。仕事を終えたあと、丁寧にレモンを漬け込んでいるのだそうです。レモンの酸っぱさと甘味のバランスが良く、子ども・大人問わずおいしくいただける一杯でした。

 

「常連さんが”出産したよー”と赤ちゃんを見せに連れてきてくれることもあって。そういうふれあいが楽しいですよね」と目を細めて話してくれました。

田村さんに会えるのは、『ダブルトールコーヒーバー渋谷cocoti店』

 

鮮やかな水色と赤、ホワイトの外観がかわいい「ダブルトールコーヒーバー渋谷 cocoti店」では、コーヒーのテイクアウトのほか、自家焙煎珈琲豆の販売も行っています。お好みの淹れ方に合わせて挽いてもらうこともできますよ。

 

コーヒーはもちろん、ダブルトールならではのメニュー「ティーエスプレッソ・ラテ」もオススメ。こちらは国際特許を取得しているものなのだとか。

 

「取材中ならあとでまた来るよ」「いやいや、今からごはんなんでしょ? おいしいコーヒー、いるでしょ?」と常連客と楽しげに会話をしながら一杯のコーヒーを丁寧に淹れる田村さん。

 

世界レベルの実力派バリスタは、「写真のポージングなんてできないよ!(笑)」と趣味のカメラを向けて撮影に臨む気さくな素顔の持ち主でした。

【店舗情報】ダブルトールコーヒーバー渋谷cocoti店

Double Tall COFFEEBAR渋谷cocoti店
住所:150-0002 東京都渋谷区渋谷1-23-16 渋谷cocoti 1F
アクセス:渋谷駅から徒歩6分
電話番号:03-3409-8869
営業時間:(平日) 9:00〜20:00 (土日祝)10:00〜20:00
定休日:不定休

渋谷駅からほど近い、大通りに面したダブルトールコーヒーバー渋谷cocoti店。仕事やお出かけの合間に立ち寄りたくなる、ほっと一息つけるお店です。

関連キーワード
  • 【粕谷 哲さん】「できることを、わかることから」世界の頂点に輝いた彼は、今も挑戦し続ける Vol. 1
  • 【越谷市・豆工房コーヒーロースト オリティエ】コーヒー豆を24時間買える自販機が、人と店をつなぐ橋になる。
  • 【鈴木康夫さん】「つねに新しいチャレンジを!」名古屋の地に新風を吹き込む気鋭のバリスタ Vol.2
  • 渋谷食品_森さんインタビュー
    『自分の好きなコーヒーを』老舗喫茶店で学んだコーヒーの楽しみ方。静かで熱い熟練焙煎士の想いに触れる
  • ユニゾンテイラー
    【カフェ男】第3回:UNISONTAILOR(ユニゾンテイラー)で爽やかイケメン発見!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう