恋愛って、難しいわよね。

まぁ結婚も、難しいんだけど。

結婚したからって、永遠が保証される世の中でもない。

別れた方が良い結婚もあれば、ずっとこのまま一緒にいたいだけの恋愛もある。

かと言って、結婚まで行きつかなくて、焦る女性たちも少なくない。

 

恋愛が結婚に結びつくか否かだけに気をとられて、大事なこと、見失っていない?

 

そんなことを思ったのは、朝出勤前にいつもの店で珈琲を頂いていた日のこと。


彼女はきっと朝帰り。出勤前にしては、服の感じがよたっとしてる。化粧も、化粧仕立ての薄化粧というより、化粧が落ちて薄くなったという感じ。(←女性なら、きっと分かるはず。)

少しだけ、疲れた表情の彼女は、私の席の、目の前へ。

 

静かな朝の喫茶店だから、友達へと電話する話の内容はだだもれ。

あさ

私も本当のところ、朝からこんな話は聞きたくないんだけどね。

 

彼女は、つい数分前に今の彼氏と別れてきたばかりだったみたい。

 

どうやら、結婚をせっついたみたい。見た目的には20代後半かしら。確かに、結婚を考え始める時期なのかもしれないわよね。

 

私が気になったのは、この一言。

 

「ここ2,3年ね、付き合った彼には、付き合うかどうかって時に必ず聞くの。私と結婚する気がある?って。で、うんって答えた人とだけ、付き合ってきたんだけど、どうもうまくいかない。結婚する気があるかどうかは私にとって、とっても大事。だってもう29だよ?相手だって、そのくらいのことは分かってるはずなのに。」

 

女には、きっと必ず、こんな時期ってあるんだと思う。

それは全然、間違いなんかじゃない。

世間的に・・・・・・なんていうものなんかではなく、出産年齢をどこか遺伝子レベルで考えていてのことだと思うから。

でもそれを踏まえた上で。

 

私、思うのよね。

 

あなたは、結婚というものをしたいだけ?それとも、その彼だから?

 

もし後者であるならいんだけど。

 

あなたが最初の頃に聞くそれって、なんだか前者の方に聞こえてしまったのよね、私。

 

確かに、29歳でしたっけ。うん、その気持ちはよく分かる。そして、彼女は言うでしょう。

 

もし本当は前者だったとしても「私は、彼とだからしたいの!」って答えるはず。

 

最初に聞いて確認とって、安心したい気持ちは良く分かる。でもね、ほら。結局別れてる。そんなのなんの意味もないじゃない。

むしろ、そのことが彼にとってプレッシャーになっているかも、分からない。

その時だけならいいかもだけど、電話の感じを聞いてると、付き合ってからもずっとちらちら言ってたんじゃないかしら。

 

あなたが、彼が。お互いを見て行けばいいだけ。
もし2人が、自然にずっと一緒にいたいと思えたなら。

29という年齢のことをあなたが言わなくたって、あなたを大切に想う彼なら、自然に考え始めるんじゃないかしらね。

 

結婚というものをしてみたいなら、手当り次第にすればいいじゃない。

でもね、結婚って、現実だから。

いい時もあれば、そうじゃない時もある。

 

そんな時に、2人で乗り越えていける相手と、できればしたくない?

年齢にとらわれないで、素敵な相手を探してみるという選択肢。

 

そのうちあなたにも、出てくればいいなと思ったの。

でも私は、ただ同じ喫茶店に居合わせただけだから。

 

ただ、いつか29歳だったことを思い出しながら、その子に私を含めたたくさんの女性たちを重ねながら、その子の幸せを、願った朝だったわ。

 

珈琲の香りが漂う店内、気持ちを入れ替えて、出勤した朝だったのよね。

さ、女性諸君(男性も♡)、今日も頑張って、生きていきましょうね。

 

不倫ははまって当たり前
2018.11.6
この前ね、出張で名古屋に行ってきたの。 その日はタイミングよく金曜日。せっかく名古屋に来たなら、名古屋のカフェを楽しみたいじゃない? 名古屋で働いている友達と落ち合って、その子行きつけのカフェに連れて行ってもらったの。 名古屋と言えばカフェ文化。至る所に雰囲気のいいカフェがあるのよね。そんな中で...…
モテるアピールは逆効果
2018.11.6
今から話すことは、是非とも女性の皆さんに覚えておいてもらいたい。 この前ね、有給休暇をもらってちょっと旅行をしてきたの。 きれいな海と川がすぐ近くにある、電波も届かないくらい大自然の中に佇む旅館。その宿は、部屋それぞれが離れの別館になっていて雰囲気抜群。ひたすらゆっくりしてきたの。 そこはコー...…
「どうせ最後はお金でしょ?」その言いぐさには異論あり。
2018.6.25
冷蔵庫にストックしてあるコーヒー豆が、ずいぶんと色んな種類になった。 コレクションしているみたいで楽しいなぁとか思いながら、今朝もコーヒーを淹れる。 お気に入りのカフェから買う豆だから、味は間違いなく美味しい。 でも、飲む場所で味覚の感じ方が違うのが不思議よね。 その日の会社終わりに向かったの...…
関連キーワード
  • 男の条件、女の条件。
  • するもしないも、あなた次第
  • 他人の幸せを喜べなくても、それは全然悪いことなんかじゃない
  • 女の束縛、妬みやっかみ無視したもん勝ち
  • セフレと言っておきながら~その後【2】~
  • 不幸になるなら減点法

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事