そろそろ新しい珈琲屋さんを新規開拓したいなと思ってた時、ちょうど今コラムを書いてるこの【cafend】で、行きたいお店を見つけたの。今度行ってみようかしら、楽しみ♡

 

今日は打ち合わせまでの間、サイフォン珈琲で有名な青学近くの喫茶店へ。

この辺りも、本当にずいぶん変わった。私が青山へ通ってたのは、もうずいぶん前のこと。

 

 

そういえば、毎日このお店の前を通っていたのよね。当時はただただ通り過ぎるだけだった喫茶店。

今こうして、美味しい珈琲の存在を知って、再びこの辺りを歩くのは、なんだか少し、感慨深い。

 

って、少しセンチメンタルになりながら珈琲すすっていたのに。

 

始まりました、女子の会話。というか、この一言はかなりどぎつい。

 

【でね、私、年齢7つもサバよんじゃった!そう、25って。(笑)】

 

 

さっと計算をする。25歳と言ったって言ってたわよね?・・・・・・てことは彼女は今、32歳。
実際の年齢を頭の中にインプットしてから、声のする方をさりげなく確認。

 

いやいやいやいやいやいや。

無理でしょう。

 

7つサバを読んだという大失敗を犯した彼女は、絶対に25歳ではない。
見た瞬間に分かる、30代の女の余裕と色気がそこかしこに漂っていること、彼女、気づいていないわけ?

 

彼女はかなり、容姿端麗だった。前髪ありの前下がりボブ、釣り目気味で大きな瞳。確かに実際の年齢よりかは若く見えるかもしれないけど。

 

でも、ほんとの25歳が横に並んだら、完全アウトよ? 何より自分自身が「なんてばかなことを言ったんだろう。」と後悔するはず。そんなことも分からないほど舞い上がっていたのかしら・・・・・・。

 

まぁ、確かにそういう時ってないわけじゃないけどね。

 

 

サバを読んだ相手はもちろんメンズ。そして、たぶん彼女よりも年下。

聞こえてくる内容を聞いていると、どうやら相当タイプだったみたいね。そして、相手も彼女のことを悪くは思ってないみたい。

 

 

こっそりため息をつく私。あぁぁもうほんとに彼女、やらかしちゃった。

 

2人がいい感じなら尚のこと。もし2人が付き合うことになったら?

いつのタイミングで、「実は私、32歳なの♡」ってカミングアウトするのかしら。

それともずっと、言わないつもり? それもそれで、本当の付き合いとは言えないと思うのよね。

 

あぁ、その時の彼の顔。想像するだけで恐ろしい。

そして、嘘をつかれていたと分かってからの彼との関係は?

 

付き合いが長くなっていればなるほど、彼の中での「裏切られた感」は強く、そしてそれは、あとをひく。

 

そして。更に恐ろしいことに、世間の20代女子に比べて30代女性に対する風当たりは本当に冷たい。

 

せめて20代の子が、20代にサバを読むならまだもしかしたら、これほど大事にはならないかもしれないけれど・・・・・・。30代→20代は、やっぱりルール違反なんじゃないかしら。

 

 

でも、だからこそ。よね?それを十分に分かっているから、肌で感じているから。

容姿端麗の彼女は、嘘をついたのかもしれない。

 

 

女が歳を隠す時。

そこには、10代や20代前半の女子にはまだ分からない(分からなくて当然。隠す必要がないもの。)自分の年齢に対する怯えが心の奥底にある。

この出会いを逃したくない。ほんとの年齢を言って、恋愛対象外になりたくない。それならいっそ・・・・・・という心の葛藤があった彼女は、きっと全然、悪くない。

 

 

でも、私思うのよね。

もっと、自分の年齢を受け入れてあげても良いんじゃないのかしら。

 

そしてもっと、20代にはない、30代の女性の美しさを、堂々と出して良いんじゃないのかしら。

 

肌のツヤやきめ細やかさは確かに負ける。

でもその分、柔らかい表情やほのかな色気、凛とした空気感。

 

沢山のことを経験してきた分、いい女のパーセンテージは、20代女子よりも格段に高い。

酸いも甘いも経験してきた30代だから醸し出せる色気があるのよ。

それは、今20代である女子たちの明るい未来であることを、忘れないで欲しいの。

 

 

そして、そこの彼女。一時も早く、自分の魅力に気づいてちょうだい。

あなた。
歳なんか隠さなくたって、十分、魅力的なんだから。

 

「ありのまま」を愛せる?愛せない?
2018.11.1
ついにきちゃったわね、梅雨の季節! もうここの所、本当に暑かったから、梅雨の存在すっかり忘れちゃってたんだけど。 お天気お姉さんの「梅雨入りしましたぁ~!」の一言に、はっとしちゃった(苦笑) まぁ、雨も割と好きなほうだけど、毎日ってなると、さすがにね。 そんな日は、最近お気に入りの「GODI...…
外見スペック?話にならない。
2018.5.8
夏日かと思えば肌寒くって、寒いと思えばまた夏日。 暑いと寒いの繰り返しで、体調崩してしまってる方、多いんじゃないかしら。 その日の気温によって、飲むドリンクもだいぶ違う。 その日も、注文するドリンクををホットコーヒーかアイスコーヒーかの狭間で、ゆらゆら心が揺れていたの。 そんな時に、すぐ横のカウ...…

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
カフェっ子リカちゃん
休日の天気の良い昼下がり。表参道では割とよく行くカフェ。 そのお店、選曲がなかなか良くて、久しぶりに聞くDesree(デズリー)の声に耳...
カフェっ子リカちゃん
夏日かと思えば肌寒くって、寒いと思えばまた夏日。 暑いと寒いの繰り返しで、体調崩してしまってる方、多いんじゃないかしら。 その日の気温に...