夏日かと思えば肌寒くって、寒いと思えばまた夏日。

 

暑いと寒いの繰り返しで、体調崩してしまってる方、多いんじゃないかしら。

 

その日の気温によって、飲むドリンクもだいぶ違う。

その日も、注文するドリンクををホットコーヒーアイスコーヒーかの狭間で、ゆらゆら心が揺れていたの。

そんな時に、すぐ横のカウンターに座った淑女の言葉がずんっと響いた。

 

「いくら元がきれいな顔だちをしていても、中身は外見に滲み出るわよ特に歳を重ねてからはね。

 

彼女は続ける。

 

「生まれたての頃はもうみんな平等でしょう? 顔立ちが整っていてもブスでも、みんな赤ちゃんのことは可愛いって言うでしょう?
でも、物心ついてからは、どうしたって可愛い方がモテる。もうねぇ、それはしょうがないの。それは変えられない現実だから。でもねその時、モテない側もモテる側も、心が腐らないかが、めちゃくちゃ重要」

 

ハムより薄いか?女の友情
2018.4.11
桜も散って、春本番。 そろそろやっと、冬物コートをクリーニングに出せる頃ね。 近所のお気に入りのカフェのコーヒーをテイクアウトして、近くの芝生が気持ちいい公園で ゆっくりするのが最近のブームなんだけど。 その日は、高校時代からの友達とピクニックがてらコーヒー片手に公園に行ったの。 コーヒー...…

私、共感しすぎちゃってうっかり話に入りそうになるほどだった。

 

そう。

持って生まれた外見スペックって、歳を重ねれば重ねるほど、もう全く関係なくなってくるのよね。

 

あなたの周りにもいない?

 

可愛いのに、性格の悪さが滲み出て、確かにかわいんだけど全くモテなくなった女性。

 

それとは真逆に

 

顔立ちはいたって普通なんだけど、なんだか輝いてて、同性にも異性にもモテる女性

前者はそう。おそらく昔モテすぎて、ちょっと調子に乗ったまま生きてきちゃった女性。モテた女性ほど、ちょっと自分に優越感があるのよ。それはもうしょうがないことだけど・・・・・・。

でもね、言っちゃえば、ほんとのところ、

 

あなたよりキレイ、可愛い子なんて腐るほどいるわよ。

 

その現実を謙虚に受け止めていたら、中身も美しいままだったのに。

 

後者はそう。顔がよければモテる小中高時代は特にモテなかったけど、それに対して、ひがまずに(むしろ興味を持たず?)あの子はあの子、私は私、と腐らなかった女性。

 

中身の美しさは、歳を重ねるほどに浮き立つものなの。

 

人よりちょっといい外見に、かまけてなんの努力もしてこなかった女性。

外見は気にせず、自分を見つめて生きてきた女性。

そりゃあ、差が出るに決まってるわよね。

 

でもね、私の友達に1人。
誰もが振り向く絶世の美女がいるんだけど、その子って中身も腐らず美しいままの女性なの。

なかなか珍しいパターン(笑)

 

ある時、聞いてみたのよね。

 

「ねぇ、そんなにきれいなのになんで性格もそんなにいいの?」って。

 

まぁこの質問自体、私がひねくれてるんだけど(苦笑)

 

で、彼女はこう答えたの。

 

「あぁ、私親にね、ずっと、【調子のるなよ? 中身がキレイなのが一番だからね。まわりはちゃんと、見てるからね】って言われながら育ってきたの。」

 

ですって……。。。

 

親のそういう言葉って、結構ずっしりくるものよね(苦笑)

 

そして効果は、かなり絶大。

優しさイコール金だとしたら。
2018.5.1
GW、明けちゃったわね。 9連休だった方々、生きる屍になってないかしら。大丈夫? 私は暦通りの休みだったから、どうにか大丈夫みたい。まぁまた、頑張りましょうよ。 それにしても、連休初日とかの街の活気はすごかったわね。 なんか街全体が浮足立ってる感じで。たまにはそんな日もいんだけどね。 日常と...…
関連キーワード
  • 忘れられない男
  • 痛々しいのは、ちょっとごめん。
  • 遅すぎるなんて、思ったもん負け。
  • それは相手が決めること
  • 絶対に、言ってはならない言葉
  • 忘れたくない女

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
カフェっ子リカちゃん
嘘の味は、苦い。珈琲みたいって言う人もいるけど、そんなことない。 珈琲はもっとコクのある苦味で、深みもある。そんな嘘だとしたら、珈琲に例えて...