コーヒーツアー

毎日のように口にするコーヒーのルーツに興味を抱くのは、コーヒー好きな人にとっては自然なこと。コーヒーの産地を訪れて、どのようにコーヒー豆が栽培されて手元に届くのか、自分の目で見てみたいと思いませんか?
 
今回は世界的に人気なコーヒーツアーを、実際に現地に訪れた方のレビューを参考に3つピックアップ! コスタリカとコロンビア、ハワイの農園が主催するコーヒーツアーの情報をご紹介します。

 

関連記事:【コーヒーと精選方法】美味しさの密接な関係とは?

関連記事:【実は知らない?】コーヒーの焙煎(ロースト)はなぜ必要なのか

コーヒー農園ツアーってどんなもの?試飲もできる!

View this post on Instagram

 

Urban Coffee Tourさん(@urbancoffeetour)がシェアした投稿 -


コーヒーツアーは、各農園が出荷しているコーヒー豆について深く探れる内容となっており、畑でコーヒーの実を実際に見て触れます。コーヒー豆と言えばこげ茶の固い豆を想像すると思いますが、最初は緑の柔らかな果実。
 
どのようにして、私たちの知っているコーヒー豆となって手元に届くのかがわかるツアーです。コーヒー工場や焙煎所の見学、農園の歴史やコーヒーの試飲などもできて、コーヒーへの知識が深まること間違いなし! 毎日飲むコーヒーに対して、より愛着がわくツアー内容となっています。

 

関連記事:【実はスーパーフード!?】赤い実のコーヒーチェリーって何?

Britt Coffee tour(コスタリカ)・高品質のアラビカ種!


 
コスタリカは世界的なコーヒーの産地であり、ほどよい酸味と口に残るフルーティーなコクのあるコーヒーを生産しています。ミネラルを豊富に含んだ土壌と雨季と乾季のある気候条件がそろっており、高品質なコーヒー豆が栽培できる環境です。
 
コスタリカでは、アラビカ種というグレードの高いコーヒー豆のみの栽培が許可されており、そのお味はお墨付き! Café Brittは1985年に、コスタリカで初めて設立されたグルメコーヒーの会社です。1991年から始まったコーヒーツアーには、これまでに世界各国から50万人以上のビジターが足を運んでいます。
 
オーガニック&フェアトレードを看板に掲げたBrittのコーヒーツアーは、クラッシックコーヒーツアーとコーヒーラバーズの2種類があります。コーヒーを専門的に学ぶ方には、エキスパートからのアドバイス付きのコーヒーラバーズがおすすめ。
 
クラッシックツアーにはビュッフェランチのオプションがあるため、コーヒー農園で優雅な食後のコーヒータイムを過ごせます。主要ホテルやメトロ付近からの送迎があるので、希望者はツアー申し込み時に送迎場所・時間をよく確認しておきましょう。ツアーの予約はウェブサイトから申し込めます。
 

 

Britt Coffee tour(コスタリカ)
[住所]
road to Barva de Heredia(the Auto Mercado から400メートル北、400メートル西)
[ツアー1] 
クラッシックコーヒーツアーUS$25、送迎付きUS$43、ランチ&ツアーUS$39
ツアー催行時間:9:00、11:00、13:15、15:15、リクエスト可能
ツアー時間:約1.5時間(送迎時間含まない)
[ツアー2] 
コーヒーラバーズUS$34、送迎付きUS$52
ツアー催行時刻:13:15
ツアー時間:約2時間(送迎時間含む)
[ツアー言語]
英語、スペイン語

Hacienda Venecia(コロンビア)・スタバでも採用!

View this post on Instagram

 

Hacienda Veneciaさん(@haciendavenecia)がシェアした投稿 -


コーヒーの有名な産地と言えば、コロンビアを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか? 火山灰を含む栄養たっぷりの土壌から、質の高いコーヒー豆を世界中に送り出しています。柔らかな苦みとアロマの香りのバランスが抜群で、日本でも定番のコーヒーの味。
 
Hacienda Veneciaはコロンビアのマニサレスにあり、100年の伝統を誇るコーヒー農園です。UCCやスターバックスでも使用されているコーヒー豆で、日本人にとってもお馴染みの味と言っても過言ではありません。
 
緑豊かな大自然の中にある農園では、コーヒーツアーはもちろん、農園内に宿泊もできちゃいます! コーヒーの実を収穫して乾燥させるプロセスをくわしく見学できて、本場のコーヒーのティスティングも可能。
 
その他にもバリスタのワークショップ、観光ツアーなども開催されているので、数日間ゆっくり滞在したいコーヒー農園です。
 
農園までの交通手段は、マニサレスのバスターミナルからSan Peregrino Bridgeで下車。歩道橋を渡ったところにあるレストラン・Estadero Las Palmasから10時~17時まで無料シャトルバスが利用できます。レストランからコールサービスがあるので、到着したら送迎を依頼しましょう。
 

View this post on Instagram

 

Hacienda Veneciaさん(@haciendavenecia)がシェアした投稿 -

Hacienda Venecia(コロンビア)
[住所]
Manizales Caldas Colombia
ツアー催行時刻:9:30
ツアー料金:50.000 COP
ツアー時間:約3時間
[ツアー言語]
英語(リクエストによりスペイン語)

 

関連記事:コロンビアコーヒーの味と特徴【エメマンの聖地…濃厚な苦味と甘み】

関連記事:運命のコーヒーに出会う方法! 自分に合うコーヒー豆を選ぶ5つのポイント

Mountain Thunder Coffee Plantation(ハワイ)・無料のコーヒーツアー!

View this post on Instagram

 

Mountain Thunder Coffeeさん(@konacoffeehi)がシェアした投稿 -


ハワイは旅行先としても大人気のリゾートアイランドですが、ハワイには多くのコーヒー農園があるのをご存知でしょうか? 実は日本でも有名なコナコーヒーは、ハワイのコナ地区で栽培されています。
 
深いコクと豊かな香りが特徴的で、さっぱりした酸味のあるコーヒーです。ハワイでは多くの日本人向けの有料コーヒーツアーがありますが、ここでご紹介するのはMountain Thunder Coffee Plantationの無料ツアー。
 
予約は不要でティスティングもできるおすすめの内容で、日本語にも対応しています。ハワイでは珍しい100%オーガニックコーヒーも販売しており、国際大会で何度も受賞しているコーヒー農園です。
 
農園へはレンタカーでの訪問がスムーズですが、少しわかりにくい場所にあるため、事前にウェブサイト上の地図をよく確認してから行きましょう。
 

View this post on Instagram

 

Rebeccaさん(@lifesabex)がシェアした投稿 -

 

Mountain Thunder Coffee Plantation(ハワイ)
[住所]
73-1942 Ha'o Street Kailua-Kona HI 96740 USA (ママラホアハイウェイを北上し、カロコドライブを右折)
ツアー催行時刻:10:30-14:30まで30分おきに催行
ツアー料金:無料(有料ツアーもあり)
ツアー時間:約30分
[ツアー言語]
日本語

記憶に残る1杯のために!コーヒールーツを探る旅へ

View this post on Instagram

 

minaさん(@minawanderlust)がシェアした投稿 -


コーヒーの味は、わかる人にとってはワインのように奥深いもの。日本でも、世界各国のコーヒーが試せるようになり、近年では日本人のコーヒーに対する知識やこだわりも、世界のコーヒー先進国に張り合う勢いです。
 
コーヒーを本格的に学びたい人はもちろん、コーヒーをただ純粋に愛する人も、コーヒーのルーツを探る旅に出てみませんか? 自分の足でコーヒー農園の地を踏んで、記憶に残る1杯のコーヒーをいただきましょう!

 

関連記事:コーヒーの生産量が多い国はどこ?ランキングと一緒に有名な生産地を紹介

関連記事:珈琲という漢字はキラキラネーム? 珈琲という漢字のルーツを辿ってみた

関連キーワード
コーヒーの関連記事
  • コーヒーの酸味ってなに? コーヒーに欠かせない味覚を感じよう!
  • 『レジェンドたちの味覚流儀』 コーヒーと料理の化学反応を体験【後編】
  • スターバックスの人気カスタム! 注目のブレべとは?
  • ホント?コーヒーのカフェインが炎症になるリスクを低くする。
  • スターバックス
    悪ふざけ?スターバックスでカスタムしたモンスタードリンクが話題!?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう