テーブルの上のコーヒー

フレーバーコーヒーは、気分転換したいときに飲むのにぴったりです。いつものコーヒーとは違ったフレーバーコーヒーの豊かな香りは、新鮮に感じられるはず。テレワーク中の息抜きに飲むのも良いでしょうし、ダイエット中でも気兼ねなく飲めるのが良いですね。本記事では、おすすめの海外のフレーバーコーヒーをご紹介します。

 

関連記事:あなたの生活をガラッと変える!? フレーバーコーヒーの10のアイディア

関連記事:世界の珍コーヒー!? 定番に飽きたら試したいユニークなフレーバーコーヒー5選

目次

爽やかな風味の『NEW ENGLAND COFFEE BLUEBERRY COBBLER (ニュー・イングランド・コーヒー ブルーベリーコブラー)』

ニュー・イングランド・コーヒー

ニュー・イングランド・コーヒーは、1916年にギリシャからアメリカ・ボストンに移民したカロヤニデス兄弟によって設立されました。ニュー・イングランド・コーヒーには、ヘーゼルナッツやフレンチバニラなどたくさんの種類のフレーバーコーヒーがありますが、ちょっと変わったフレーバーをお探しなら、ブルーベリーコブラーを試してみてはいかがでしょうか?

 

コブラーとは、アメリカの伝統的なお菓子のことで、旬のフルーツにビスケット生地を乗せた焼き菓子です。中には、「フレーバーコーヒーに使われているコーヒー豆は質が悪い」と考える人もいるようですが、ニュー・イングランド・コーヒーのブルーベリーコブラーは、ミディアムローストで、アラビカ種のコーヒー豆が100%使用されています。ニュー・イングランド・コーヒーのブルーベリーコブラーは、瑞々しいブルーベリーの香りとふんわりした甘さのハーモニーがクセになるフレーバーコーヒーです。

 

販売サイトURL:https://www.newenglandcoffee.com/

甘党の人に『CAMERON’S COFFEE ROASTED WHOLE BEAN COFFEE, FLAVORED, CHOCOLATE CARAMEL BROWNIE(キャメロン・コーヒー・ローステッド・ホールビーン フレーバード・チョコレート・キャラメル・ブラウニー)』

キャメロンコーヒー

甘いものに目がない人におすすめなのが、キャメロン・コーヒーのチョコレート・キャラメル・ブラウニーのフレーバーコーヒーです。ひと口このコーヒーを飲めば、チョコレートブラウニーの濃厚な風味が口の中に広がります。アラビカ種のコーヒー豆の中でも上位10%に入る品質のコーヒー豆が使用されていますから、コーヒーにうるさく、普段フレーバーコーヒーを飲まない人でも満足できるのではないでしょうか。

 

販売サイトURL:https://www.cameronscoffee.com/

キャラメル風味の最高峰『FOLGERS SIMPLY GOURMET COFFEE, CARAMEL FLAVORED GROUND COFFEE(フォルジャーズ・グルメ・コーヒー キャラメル・フレーバード・グラウンドコーヒー)』

フォルジャーズ

アメリカ人なら誰もが知っているフォルジャーズのコーヒーは、日本でも酸味が少なくて飲みやすいと人気です。フォルジャーズといえば、クラシックローストや100%コロンビアなどが定番ですが、フレーバーコーヒーも侮れません。キャラメル風味のフレーバーコーヒーは数あれど、アラビカ種コーヒー豆を100%使用したフォルジャーズのキャラメルフレーバーのコーヒーは、いま現在入手できる中で「最高のキャラメルフレーバーのコーヒー」と評価されているようです。

 

パンチのある『DON FRANCISCO’S CARAMEL CREAM FLAVORED GROUND COFFEE(ドン・フランシスコ キャラメル・クリーム・フレーバード・グラウンドコーヒー)』

ドン・フランシスコ

キューバでコーヒー農園を経営する家族の間に生まれたフランシスコは、20世紀末にアメリカ・ロサンゼルスに渡って、家族経営のコーヒー会社を設立しました。日本ではまだまだ知名度が低いドン・フランシスコですが、アメリカではもっとも人気のあるコーヒーメーカーのひとつとして親しまれています。

 

もしも、ドン・フランシスコのコーヒーを試してみたいなら、キャラメル・クリームのフレーバーコーヒーはいかがでしょうか? ドン・フランシスコのキャラメル・クリームのフレーバーコーヒーは、まろやかなキャラメル風味コーヒーというよりも、かなりパンチの効いたクセのある味わいです。スッキリ目覚めたい朝に淹れて飲めば、キャラメルの強烈な香りと、酸味と苦味のあるコーヒーが目を覚ましてくれるはずですよ。

 

販売サイトURL:https://donfranciscos.com/

ハワイ気分を味わえる『KAUAI HAWAIIAN GROUND COFFEE, COCONUT CARAMEL CRUNCH FLAVOR(カウアイ・ハワイアン・グラウンドコーヒー ココナッツ・キャラメル・クランチフレーバー)』

カウアイ・コーヒー

19世紀初め、ハワイ・カウアイ島のサトウキビ生産者によって創業されたカウアイ・コーヒー。カウアイ島で生産されたアラビカコーヒーを100%使用したフレーバーコーヒーは、ココナッツとキャラメルの豊かな風味を楽しめ、まさに「天国の味」と評価されるにふさわしいでしょう。しばらくハワイに行っていない人も、まだハワイに行ったことがない人も、カウアイ・コーヒーを飲んで、しばしのハワイ気分を味わってみてはいかがでしょうか。

 

大人のための『Cooper's Cask Coffee WHISKEY & RUM BARREL AGED COFFEE WHOLE BEAN(クーパーズ・カスク・コーヒー ウィスキー・アンド・ラムバレル・エイジド・コーヒー・ホールビーン)』

ハーパーズ・カスク・コーヒー 

コーヒーにウィスキーを垂らして飲むのが好きな人におすすめなのが、クーパーズ・カスク・コーヒーのウィスキーとラム酒フレーバーのコーヒーです。アメリカ・ロードアイランド州にあるクーパーズ・カスク・コーヒーでは、ウィスキー作りに使用された樽にコーヒー豆を貯蔵して、フレーバーコーヒーを作っています。

 

「フレーバーコーヒーは香りが人工的だ」「フレーバーコーヒーは甘党の人の飲み物だ」と思っているのなら、ぜひこのウィスキーとラム酒フレーバーのコーヒーを試してみてはいかがでしょうか?クーパーズ・カスク・コーヒーのフレーバーコーヒーを飲めば、フレーバーコーヒーへの意識がガラリと変わるはずです。お酒の香りがするコーヒーは、大人の嗜好品が大好きな人へのプレゼントにも喜ばれるかもしれません。

 

販売サイトURL:https://www.cooperscoffeeco.com/

カフェインフリーなら『CHRISTOPHER BEAN COFFEE FLAVORED WHOLE BEAN COFFEE, BUTTER PECAN(クリストファー・ビーン・コーヒー フレーバード・ホールビーン バターピーカン)』

クリストファー・ビーン・コーヒー

フレーバーコーヒーの中でも、カフェインフリーのコーヒーをお探しなら、クリストファー・ビーン・コーヒーのバターピーカンはいかがでしょうか?アメリカでは一般的なフレーバーであるバターピーカンのフレーバーコーヒーを飲めば、ピーカンナッツの香ばしいフレーバーを存分に楽しめるでしょう。「フレーバーコーヒーは好きだけど、カフェインが気になって何杯も飲めない!」という人にもおすすめですよ。

 

販売サイトURL:https://christopherbean.com/

おわりに

お菓子とコーヒー

香りが付いたフレーバーコーヒーは飲みやすく、気分をリフレッシュさせたいときや疲れたときに飲むのに最適です。スイーツを食べることを我慢しているときにフレーバーコーヒーを飲めば、満たされた気分になるため、ダイエットの強力な味方でもあります。フレーバーコーヒーは低カロリーですから、「テレワーク続きで運動不足だから、そろそろダイエットしないと…」という人にもおすすめですよ。

 

関連記事:【フレーバーコーヒーとは?】おすすめの飲み方と種類について

関連記事:【ギフトにも!】クスミティーでおうち時間をもっと豊かに!個性あふれるフレーバーをご紹介

関連キーワード
コーヒー, 知識の関連記事
  • ダイエット_ウエスト
    【コーヒー好きに最適】ダイエットコーヒーのおすすめランキング7選【置き換えにも!】
  • 【実はスーパーフード!?】赤い実のコーヒーチェリーって何?
  • 【メニュー大全】あのコーヒーは、どんな種類? レシピも知りたい!
  • 【カプセル式コーヒーメーカー】ネスカフェ・ドルチェ グスト®シリーズの種類や特徴を比較しました
  • ママライターが選ぶコーヒーカップ、オススメしたい5ブランドとは?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう