コーヒーとスパイス

いつもの日常に刺激がほしいなら、まずは「いつものコーヒー」を変身させることから始めてみませんか? ブラックコーヒーをフレーバーコーヒーに変えてみれば、気分転換になるだけではなく、心と体に様々な良い効果が得られます。

 

「フレーバーコーヒーなんて、カフェで飲むもの」と考える人だっているかもしれませんが、フレーバーコーヒーは自宅で簡単に作れてしまいます。

 

フレーバーコーヒーの作り方を知っていれば、いつでも気軽に「おうちカフェ」を楽しむことができるでしょう。

 

本記事では、フレーバーコーヒーの10のフレーバーアイデアと作り方をご紹介します。

ジンジャー : 冷え性の方におすすめ!

しょうがいかにも体が温まりそうな、ジンジャー(生姜)とコーヒーの組み合わせ。ジンジャーのフレーバーコーヒーを作るのであれば、生姜か粉末になっているジンジャーパウダーを利用できます。

 

コーヒーを挽いた後、生姜スライスを一枚か二枚加えます。その後、いつも通りにコーヒーを淹れるだけで、ジンジャーのスパイシーな香りがするフレーバーコーヒーが完成します。

 

もしも生姜スライスがない場合には、ティースプーン1杯のジンジャーパウダーを挽きたてのコーヒーに混ぜてから、コーヒーを淹れてみましょう。

カルダモン : 集中力をアップさせたい方におすすめ!

カルダモン

さわやかな香りが特徴のカルダモンは、口臭予防や消化器官の不調を整え、集中力をアップさせる効果があるといわれているスパイスです。

 

中東ではカルダモン入りのコーヒーがよく飲まれており、カルダモンのフレーバーコーヒーを飲めば、エキゾチックな雰囲気を味わうことができるかもしれません。

 

カルダモンのフレーバコーヒーを作るときには、粉末のカルダモンをひとつまみ、淹れたてのコーヒーに加えてみましょう。

 

カルダモンは香りがきついため、入れ過ぎには気をつけてくださいね。

ナツメグ : 胃もたれを解消したい方におすすめ!

ナツメグ

ハンバーグを作るときに、ナツメグを使用する人も多いのではないでしょうか? 独特の甘い香りが食欲をそそるナツメグですが、淹れたてのコーヒーに少量を加えれば、ナツメグのフレーバーコーヒーを作ることができます。

 

しかし、生のナツメグや粉末タイプのナツメグを大量に摂取すると中毒症状が出る恐れがあります。ナツメグを過剰摂取すると、顔のほてりやのどの渇きをはじめ、トランス状態に陥る可能性があるといわれています。

 

そのため、フレーバーコーヒーを作るときには、一度に小さじ2杯以上のナツメグを加えないように注意しましょう。

バニラエクストラクト : 緊張を和らげたい方におすすめ!

バニラ

バニラ風味のコーヒーなら、ダイエット中でもカロリーを気にせず飲めるでしょう。

 

バニラフレーバーのコーヒーを作る方法はいくつかあるものの、一番簡単なのはバニラエクストラクトを使う方法です。バニラエクストラクトとは、バニラビーンズをアルコールに漬けて香りを出したもので、無添加のものが多いのが特徴です。

 

淹れたてのコーヒーにバニラエクストラクトを2滴ほど垂らせば、バニラの甘い香りがするコーヒーが完成します。

ラベンダー : リラックスしたい方におすすめ!

ラベンダー

ラベンダーの優しい香りがするフレーバーコーヒーを作ろうと思うなら、乾燥させたラベンダーの花を用意しましょう。

 

乾燥させたラベンダーの花をミルサーで粉末にし、淹れたてのコーヒーにひとつまみ加えます。

 

ラベンダーにはセロトニンやメラトニンなどのホルモン分泌を促す働きがあるため、リラックス効果が得られるでしょう。

カカオニブ : 元気になりたい方におすすめ!

カカオ豆

カカオニブとは、カカオ豆を砕いてフレーク状にしたものです。カカオニブを加えると、ダークチョコレートの香りがするコーヒーを楽しむことができます。

 

コーヒーミルにコーヒー2杯分のコーヒー豆とティースプーン二分の一のカカオニブを入れて、コーヒーを挽きましょう。その後、いつも通りに挽きたてのコーヒーを淹れれば、香ばしいカカオニブのフレーバーコーヒーが出来上がります。

シナモン : アンチエイジングにおすすめ!

シナモン

シナモンスティックをドリップポットに入れ、挽きたてのコーヒーにお湯を注いでいきましょう。たったそれだけで、シナモンの香りがするコーヒーを淹れることができます。

 

シナモンはオイゲノールと呼ばれるポリフェノールを含んでおり、高い抗酸化作用を持ちます。シナモンのフレーバーコーヒーを飲めば、アンチエイジングや美肌に効果的だといえるでしょう。

クローブ : 意欲を高めたい方におすすめ!

クローブ

独特の甘い香りを持つクローブを使って、フレーバーコーヒーを淹れてみましょう。クローブといえば、お肉料理を思い浮かべる方もいらっしゃるのでは?

 

「スパイス棚にあるけれど、ほとんど使ったことがない」という方だっていらっしゃるかもしれません。

 

そのような場合、ほんの少しだけコーヒー豆と一緒にコーヒーミルに入れて、コーヒーを挽きましょう。挽きたてのコーヒーにドリップポットからお湯を注げば、クローブのフレーバーコーヒーが完成します。

スターアニス : 心を落ち着けたい方におすすめ!

スターアニス

八角と呼ばれているスターアニスはトウシキミの実を乾燥させたもので、スパイスとしてだけではなく、漢方の生薬としても用いられています。

 

刺激的な香りがするスターアニスを使ってフレーバーコーヒーを作るなら、使用量に注意しましょう。香りがきついため、使い過ぎるとコーヒーが飲みにくくなってしまう恐れがあります。

 

1杯のコーヒーを淹れる場合には、半量をコーヒー豆と一緒にコーヒーミルに入れて挽き、コーヒーを淹れましょう。

 

ペパーミントオイル : 胃腸の調子を整えたい方におすすめ!

ペパーミント

爽やかな香りがするペパーミントをコーヒーに加えて、ミントフレーバーのコーヒーを作ってみましょう。

 

ミントのフレーバーコーヒーを作る際には、ペパーミントのエクストラクトを使用します。淹れたてのコーヒーにほんの数滴垂らせば、すっきりした風味のコーヒーを楽しむことができるでしょう。

 

いつものコーヒーを変身させてみよう

コーヒーとスパイス

どんなにおいしいコーヒーを飲んでいたとしても、毎日同じでは飽きてくる場合も。

 

フレーバーコーヒーの作り方を知っていれば、おうちでカフェのように「ちょっと変わったコーヒー」を気軽に味わうことができるでしょう。

 

アイデアとアレンジ次第で、いろんなフレーバーコーヒーを作ることができます。

 

ぜひ、新しいコーヒーの味を発見してみてくださいね!

関連キーワード
コーヒー, 知識の関連記事
  • コーヒードリップの量って何か正解なの?
    コーヒーをドリップする時の量ってなにが正解なの?
  • 【フレーバーコーヒーとは?】おすすめの飲み方と種類について
  • 【保存容器の選び方】珈琲豆の品質を守る『コーヒーキャニスター』おすすめ商品6選!
  • thirdwave
    知ったかぶり厳禁!今更聞けないコーヒー業界のサードウェーブってなに?
  • コーヒーにおける「ケトルの選び方と使い方」【家カフェ入門】
  • コーヒーワークショップとは?初めてのコーヒー入門のススメ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事