コーヒーマグとクッキー

フレーバーコーヒーといえば、さまざまな香りを楽しめるコーヒーとして人気ですね。ヘーゼルナッツなどのナッツ類やフルーツ、バニラやジンジャーといったスパイスやチョコレートなどで香り付けしたものは、もはや定番のフレーバーコーヒーといえるのではないでしょうか。

 

しかし世の中には、意外な香りのフレーバーコーヒーが存在します。本記事では、どんな味なのか試してみたくなる、世界のユニークなフレーバーコーヒーと、フレーバーコーヒーの起源をご紹介します。

 

関連記事:あなたの生活をガラッと変える!? フレーバーコーヒーの10のアイデア

関連記事:【フレーバーコーヒーとは?】おすすめの飲み方と種類について

 

意外と知られていないフレーバーコーヒーの起源

コーヒー豆

はっきりとした年代は不明ですが、フレーバーコーヒーの歴史は想像以上に古く、数世紀前にさかのぼります。その昔、低品質のコーヒー豆の苦味を隠すために、香り付けされたコーヒーが販売されましたが、これがフレーバーコーヒーの起源だといわれています。

 

もちろん現在では、コーヒー豆の品質の悪さを隠すために作られている訳ではありません。現在のフレーバーコーヒーは、高品質のコーヒー豆を使って作られており、香りの良さを追求したより嗜好性の高いコーヒーとして存在しています。

世界のユニークなフレーバーコーヒー5選

世界には、わたしたちの固定観念を吹き飛ばしてくれるような、ユニークなフレーバーコーヒーが存在しています。いったいどんな香りがするのかと想像力を掻き立てられる、面白くておいしそうな香りのフレーバーコーヒーを5つご紹介します。

メイプル・ベーコン・コーヒー

ベーコン

アメリカやカナダでは、2,3年前からメイプルシロップとベーコンの組み合わせが流行っており、メイプルシロップとベーコン味のドーナッツやチョコレートが人気です。実際に食べたことがなかったとしても甘じょっぱい味といえば、なんとなく想像できるのではないでしょうか。

 

そんな人気の組み合わせが、フレーバーコーヒーとして販売されています。味は想像できても、香りを想像するのは少し難しいかもしれません。しかし、コロラドに本社を置くBOCA JAWA社やアトランタにあるCOFFEE AM社といったメーカーがこぞって販売していることを考えると、メイプルシロップとベーコンは味だけではなく、香りにおいても相性の良い組み合わせだと考えられます。

ジャックダニエル・コーヒー

ジャックダニエル

バニラのような甘さとカラメルのようなほろ苦さが特徴のジャックダニエルは、アメリカのテネシーで製造されているウィスキーです。実は、世界中で人気のジャックダニエルの芳醇な香りが漂うフレーバーコーヒーが、WORLD OF COFFEE社とのコラボレーションで製造されました。アラビカ種のコーヒー豆を100%使用し、ジャックダニエル・オールドNo.7で風味付けされ、ミディアムローストに仕上げられています。

 

コーヒーはお酒と相性が良いことで知られており、コーヒーを使ったカクテルなども存在します。ジャックダニエル・コーヒーは、フレーバーコーヒーなのでもちろんアルコールフリー。ジャックダニエル・コーヒーは、ウィスキーとコーヒーで作ったカクテル「アイリッシュ・コーヒー」の、ノンアルコール版だといえるでしょう。

スパイシータコ・コーヒー

タコス

メキシコの代表的な料理の一つに、タコスが挙げられます。タコスには、コカ・コーラやメキシコ産ビールが最高のお供ですが、メキシコ産のコーヒーをお供にするのも良いですね。手軽につまめるのが特徴のタコスですが、アメリカのCOFFEE AM社は、スパイシータコスの香りをコーヒーに封じ込めることに成功しました。

 

タコスの香りのフレーバーコーヒーと聞くと、不思議な感じがするかもしれません。しかし、トルティーヤの香ばしさとパクチーやサルサのスパイシーな風味が感じられるスパイシータココーヒーは、タコス好きにはたまらなく魅力的なコーヒーなのではないでしょうか。

アップルパイ・コーヒー

アップルパイ

コーヒーブレイクには、おいしいアップルパイがひと切れあれば、幸せな気分も何倍にもなりますよね。そんなアップルパイとコーヒーの夢のような共演が、ダンキン・ドーナッツによって実現しました。ドーナッツが有名なダンキン・ドーナッツですが、コーヒーやマフィンなどの商品も販売しています。アメリカでこのフレーバーコーヒーは大人気だったようで、「最高においしい」「このコーヒーなしには生きていけない」という口コミが数多く見受けられました。

 

残念ながら、アップルパイ・コーヒーは季節限定商品だったので現在入手困難となっています。どうしても飲んでみたいとおっしゃる方は、カナダのZAVIDA社からも同じフレーバーコーヒーが販売されているので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

パンプキン・スパイス・コーヒー

パンプキン

130種類以上ものフレーバーコーヒーを製造販売しているCOFFEE AM。中でも、カボチャとスパイスの風味が効いたパンプキン・スパイスのフレーバーコーヒーは、ベストセラーとして不動の地位を築いています。「サンクスギビングにぴったり」「幸せな気分に浸れる」など口コミでの評判も高く、バニラやナッツなどの定番のフレーバーコーヒーに飽きたら、ぜひ試してみたいフレーバーコーヒーです。

 

お気に入りのフレーバーコーヒーを見つけよう

暖炉とコーヒー

今回は、ユニークな香りのフレーバーコーヒーとフレーバーコーヒーの起源をご紹介しました。コーヒー通の方の中には、いまだにフレーバーコーヒーのことを低品質のコーヒー豆を使ったコーヒーだと思っている方も少なくないようですが、実際にはクオリティも風味も素晴らしいコーヒーです。

 

フレーバーコーヒーの中には今回ご紹介したような意外なフレーバーのコーヒーも多く、選り好みをせずに挑戦してみれば、きっとお気に入りのフレーバーコーヒーが見つかるはずですよ。

 

関連記事:相性バッチリ! コーヒーを飲みながら聴きたいジャズ10選

関連記事:【こんなアレンジも美味しいの!?】コーヒーにちょい足ししたいおすすめ食材10選

関連キーワード
コーヒーの関連記事
  • 海外でも人気!コーヒー用のミルク代わりにおすすめの植物性飲料5選
  • コーヒーを女性に例えると…? コーヒーメニューに想像力を働かせてみた件
  • cafend エチオピア コーヒー 特徴 アイキャッチ
    エチオピア産コーヒーの味と特徴【発祥地のコーヒー豆は奥深い?】
  • 【ミューシレージとは?】コーヒー精製方法との関係について
  • 【はちみつコーヒーの作り方】はちみつコーヒーがもたらす効果や効能とは?
  • 【コーヒーウォーマーの種類や使い方】カリタ・BONMAC・BUNNの3大メーカーの特徴比較

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
カフェっ子リカちゃん
この前久しぶりに、高校時代の友人と表参道でランチをしたの。週末に行く表参道は久しぶりで、人の多さに少しくらくら。 でもその日は、超のつくほ...