バリ島の朝食

季節ごとに衣替えをするように、テーブルウェアも季節に合わせたものを使用してみませんか? 季節感を大切にすれば、忙しい日々を過ごしていたとしても四季の移ろいを感じられるでしょう。

 

もしも、「いつも同じような器ばかりを選んでしまう」とお悩みなら、異国情緒ただよう海外製の器を迎え入れてみるのも良いかもしれません。

 

本記事では、南国の雰囲気満点のバリ島の器「ジェンガラケラミック」をご紹介します。

 

関連記事:【海外蚤の市でお宝探しのススメ】おしゃれでレトロなコーヒー雑貨が豊富

関連記事:コーヒーとカップにも相性があった! おいしくコーヒーを飲むためのコーヒーカップの選び方

バリ島の陶器「ジェンガラケラミック」の魅力

ティータイム

ジェンガラケラミックは、バリ島南部のジンバランに本店を構える陶器ブランドです。バリ島旅行中に、バナナリーフやプルメリアモチーフの南国らしい素敵な器を目にしたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。ジェンガラケラミックの歴史とその特徴についてご紹介します。

ジェンガラケラミックの歴史

ジェンガラケラミックは、1976年にバリ島でホテルを経営していたウォウォルントゥ氏が「ホテルで使用できるエレガントな食器を作りたい」と願い、ニュージーランド人デザイナーと協力して作った陶器ブランドです。誕生から40年以上経ったいま、ジェンガラケラミックはバリ島の高級ホテルはもちろん、ドバイやシンガポールなどの高級ホテルでも使用されており、世界中にファンを有するほど有名になりました。

ジェンガラケラミックの特徴

バリ島には、バリ島中西部のタバナンで作られている「タバナン焼き」という焼きものがあります。ジェンガラケラミックは、デザインや焼き色などがタバナン焼きとよく似ており、比較されることもしばしば。タバナンでは古くから、家屋に使用する赤茶色をした屋根瓦が作られてきました。また、屋根瓦以外にもバナナリーフやロータス・カエルやトッケイヤモリなどの南国モチーフをあしらったテーブルウェアが製造されてきました。

 

タバナン焼きは小さな家族経営の工房で作られており、素朴なデザインが特徴です。一方、国際的な陶器ブランドに成長したジェンガラケラミックは、東洋と西洋を融合した洗練されたデザインと100種類を超す釉薬を使って作り出される独特の色味が特徴となっています。

ジェンガラケラミックの器で食卓に夏らしさを添えて

温かみのあるジェンガラケラミックの器ですが、南国らしいモチーフを選べば夏気分を盛り上げてくれること間違いなし。

 

お気に入りの器で、食卓の印象をガラリと変えてみませんか?

定番のフランジパニで華やかに

プルメリアの器

フランジパニ(プルメリア)の花をモチーフにした食器は、オールマイティにお使いいただけます。フランジパニの器はカラーによって印象が変わりますが、白い器を選べばエスニック料理だけではなく、和食や洋食などどんな料理でも盛り付けることができるでしょう。

人気のバナナリーフにはエスニック料理を

バナナリーフの器

ジェンガラケラミックの製品の中でも、人気の高いバナナリーフ。深いグリーン色の器が、彩りの良い料理を一層引き立ててくれるでしょう。バナナリーフのお皿であれば、ナシゴレンやミーゴレンなど、スパイシーでカラフルなエスニック料理を盛り付けるのにぴったり。

 

また、バナナリーフ模様のボウルなら、夏野菜がたっぷり入ったココナッツカレーをよそっても良いでしょう。

趣きのあるロータスはデザート皿に

ロータスの器

デザイン性が高く、風情あふれるロータスの器は、小さくても主役級のインパクトを食卓で発揮します。ただテーブルに置いておくだけでも絵になりますが、コーヒーブレイクやティータイムのデザート皿として活用してみることもできるでしょう。

さわやかな槌目(つちめ)モチーフはサラダやパスタ皿に

青い器

ジェンガラケラミックの槌目モチーフは、ぼこぼこした手触りで温もりを感じさせる器です。しかし、白や青といったカラーの器を選べば、夏らしいさわやかさを演出することができるでしょう。槌目モチーフの少し深めのボウルなら、サラダやパスタ皿として使用するのにぴったりです。

ジェンガラケラミックにぴったりのコーヒーは?

コーヒーカップ

バリ島のおしゃれなカフェでは、ジェンガラケラミックのコーヒーカップでコーヒーが提供されることも。ジェンガラケラミックのコーヒーカップ、いったいどのようなコーヒーを淹れて飲めば一層おいしく感じられるのでしょうか?

深煎りコーヒーとカプチーノがおすすめ

ジェンガラケラミックのコーヒーカップは、丈夫で厚みのあるタイプのものが多いため、コクのある深煎りコーヒーを合わせてみてはいかがでしょうか。苦みの強いバリコーヒーも、ジェンガラケラミックのカップで飲めばまろやかな口当たりになり、苦みよりもコクを味わいやすくなるでしょう。

 

また、ジェンガラケラミックの特徴ともいえる深いグリーン色のコーヒーカップやスタイリッシュな印象を与える漆黒のコーヒーカップであれば、器の深い色合いがラテアートを引き立てるため、カプチーノを合わせるのがおすすめです。

ふだん使いに丈夫なジェンガラケラミックを

白い器

どっしりとした作りの丈夫なジェンガラケラミックは、ふだん使いに最適なテーブルウェアが揃っています。エキゾチックなモチーフでも、落ち着いた色合いなのでどんなテイストのインテリアにもしっくり馴染むでしょう。

 

もしも、「少し変わった器がほしい」とお考えであれば、食卓に新しい風を吹き込んでくれるジェンガラケラミックの器を選んでみてはいかがでしょうか。

関連キーワード
ライフスタイルの関連記事
  • インテリア
    自宅がオシャレなカフェに!?おうちインテリアコーデ例
  • バリスタの女性
    【経験者が語る】カフェでのバイトが大変な3つの理由と、それでも働きたいと感じるメリット
  • ティーバッグ不要のゴールデンルール?美味しい紅茶を入れる方法とは
  • おうちでのんびり。うちカフェランチ♡
  • コーヒー牛乳5種類を比較してみた!甘すぎないコーヒー牛乳はどれ?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう