スリランカと聞くと、紅茶を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか? 紅茶栽培に適したスリランカですが、じつはかつては、コーヒーの一大生産地として世界的に有名でした。

 

スリランカのコーヒー栽培はどのように始まり、どのように衰退したのでしょうか。本記事では、幻のコーヒー「セイロンコーヒー」の歴史について詳しくご紹介します。

 

関連記事:セイロンティーで有名なスリランカで感じた文化の違い【日本との意外な関係とは】

歴史に翻弄された「セイロンコーヒー」

幻のコーヒーと呼ばれる「セイロンコーヒー」。世界に流通したのは、なんと数十年にも満たないほどの期間だったといわれています。ここでは、スリランカのコーヒーの歴史についてまとめてみました。

 

関連記事:【コーヒーの歴史】珈琲の誕生からサードウェーブまで『コーヒー史大全』

関連記事:コーヒーの知られざる歴史。日本にコーヒーが広まった理由とは?

イスラム教の巡礼者によって持ち込まれたアラビカ種

17世紀初め、イエメンからインド経由で到着した巡礼中のイスラム教徒たちが、一番最初にスリランカ(セイロン島)にアラビカ種のコーヒーを持ち込んだといわれています。ただその当時、シンハラ人たちはコーヒーの実からコーヒーができることに気づいていなかったのだそう。そのため、彼らはコーヒーの葉をカレーを作る際に加える香辛料として、さらに、コーヒーの花を供物として寺院に献上していました。

コーヒー栽培に乗り出すオランダ

16世紀にはポルトガル領になっていたスリランカでしたが、ポルトガル人による支配からの解放を求めて、当時すでにインドネシアを植民地化していたオランダに助けを求めます。しかし、ポルトガルから解放されたと思ったのも束の間、今度はオランダによる植民地支配が待っていました。

 

1740年、植民地で栽培したコーヒーを輸出して莫大な利益を得ようとしたオランダにより、スリランカでコーヒー栽培が始まります。しかし、スリランカでのコーヒー栽培はなかなか軌道に乗らず、1762年の年間生産量はわずか45トンほどという散々な結果に終わり、商業ベースに乗せることはできませんでした。

イギリス統治時代に初めて商業ベースに

フランス革命戦争でオランダがフランスの支配下に入ると、機に乗じたイギリスがオランダの植民地を攻略していきます。スリランカもその例にもれず、1815年のウィーン会議によって正式にイギリスの支配下に置かれることになりました。

 

イギリスもオランダ同様、スリランカで生産したコーヒーを貿易品に加えたいと考えましたが、海岸側に築いたコーヒー農園はうまく行きませんでした。しかし、ガンポラ近くにコーヒープランテーションを築いたイギリス人のジョージ・バードにより、初めて商業規模でのコーヒー栽培に成功します。

 

その後、1830年代にはどんどん規模が拡大して輸出も盛んになり、1860年には、ブラジルとインドネシアと同く、世界有数のコーヒー生産国へと成長を果たし、「スリランカコーヒー」が世界に知られるようになりました。

「さび病」の流行で下火になるコーヒー栽培

ところが、残念なことにスリランカコーヒーの天下は、そう長くは続きませんでした。1868年には、「さび病」がスリランカのアラビカ種を襲います。「さび病」とは、さび病菌と呼ばれるカビ菌の一種による恐ろしい伝染病で、この病気にかかると光合成機能がうまく働かず、やがて木が枯れてしまいます。

 

こうして、アラビカ種の代わりに病気に強いロブスタ種が栽培されるようになりましたが、スリランカのコーヒー栽培は衰退の一途を辿り、紅茶栽培へと取って代わられることになりました。

スリランカのコーヒーが買えるおすすめ店

スリランカのコーヒーが購入できるお店を3つご紹介します。

新鮮さが売りの「Soul Coffee」

幻のセイロンコーヒーを味わいたいのであれば、「Soul Coffee」がおすすめです。小規模農園の日陰栽培で育ったアラビカ種のシングルオリジン(1つのエリアで栽培されたコーヒー豆のみを使用)を丁寧にハンドピックし、焙煎後48時間以内のフレッシュなコーヒーを販売することで知られています。スリランカ・コロンボにあるカフェの多くが、「Soul Coffee」のコーヒー豆を使用しているのだそう。

 

Soul Coffee」の風味豊かなセイロンコーヒーは、オンライン販売も受け付けています。

 

https://www.soulcoffee.lk/

エスプレッソなら「The Beans」

エスプレッソ好きな人なら、「The Beans」のコーヒーを試してみてはいかがでしょうか?「The Beans 」はコロンボに工場を構え、イタリアンスタイルのコーヒーを提供することに全力を注いでる焙煎工場です。焙煎に使用されるコーヒー豆は、スリランカ産の厳選されたもののみを使用。コーヒービジネスに生涯を捧げた先代たちに倣って、最高品質のコーヒーを世界に届けています。

 

https://www.thebeans.lk/

オーガニックにこだわる「NATURAL COFFEE」

「NATURAL COFFEE」は、100%オーガニックにこだわり、化学肥料や農薬を一切使用していない安全なスリランカ産の自然栽培コーヒー豆だけを使用しています。幻のセイロンコーヒーを復活させるため、フェアトレードの実施に力を注ぎ、スリランカのコーヒー農園を盛り上げる立役者となっている「NATURAL COFFEE」。フローラル系の独特の風味を持つ香り高いセイロンコーヒーは、オンラインで購入可能です。

 

https://www.natural.coffee/

おわりに

植民地時代に花開いたスリランカのコーヒー文化。一時は衰退したものの、現在は首都を中心におしゃれなカフェも増え、コーヒーへの関心も高まっているといいます。スリランカの歴史に思いを馳せて、華やかなフローラルとハーブの香りが特徴的なセイロンコーヒーを飲めば、きっといっそう豊かな味わいを楽しむことができるでしょう。

関連キーワード
コーヒー, 知識の関連記事
  • コーヒードリップの量って何か正解なの?
    コーヒーをドリップする時の量ってなにが正解なの?
  • カプチーノ
    運命のコーヒーに出会う方法! 自分に合うコーヒー豆を選ぶ5つのポイント
  • サントリークラフトボス
    CM・コンビニで見かける「クラフトコーヒー」とは?ヒットの理由と意味も解説!
  • 騎乗のナポレオン
    偉業を成し遂げたのはコーヒーのおかげ?フランス皇帝ナポレオンが愛したコーヒー
  • Brazil
    ブラジル産コーヒーの味と特徴【生産量世界一の豆の魅力とは】

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう