スタバのソイラテ人気に代表されるように、牛乳の代わりに豆乳やアーモンドミルクなどの植物性ドリンクをコーヒーに入れる方は少なくありません。ヘルシーでおいしいとあれば、飲みたくなるのも当然なのかもしれませんね。

 

ですが、コーヒーをおいしくする、という点では植物性飲料と互角、あるいはそれ以上の動物性食品がいくつもあります。さらに、それらの動物性食品を使ったオリジナルコーヒーも世界の各地には存在するんです。

 

そこで、本記事ではコーヒー用のミルク代替品となる動物性食品をセレクト。あわせて、これらを用いてつくる世界のおいしいコーヒー5種類のレシピをご紹介しましょう。

 

関連記事:海外でも人気!コーヒー用のミルク代わりにおすすめの植物性飲料5選

1. 【生クリーム】ウィーンの街ゆく御者の御用達!? アインシュペナー

ホイップした生クリームをのせたコーヒー「アインシュペナー」。日本ではウィンナーコーヒーとして知られていますよね。ドイツ語で「一頭立て馬車」を意味します。

 

ウィーンでは、アインシュペナーは取っ手のついたグラスで飲まれます。これは、馬車の御者が片手にコーヒーを持ちながら、もう一方の手で馬車を操縦できるようにとのこと。また、屋外でもコーヒーを簡単に冷ませないようにホイップクリームをのせるのだそう。

 

コーヒーと生クリームの相性は周知のとおり。牛乳よりも脂肪分が多い生クリームをコーヒーに入れると、よりクリーミーでまろやかになります。

 

【作り方】

  1. 生クリームを角が立つ程度に泡立てます
  2. コーヒーを濃いめにつくり、カップに入れます
  3. コーヒーに1を加え、お好みでチョコチップやシナモンなどをトッピングして完成

 

関連記事:【カフェの注文で困らない】世界のコーヒーアレンジを知ろう!

2. 【バター】アメリカ発、世界から注目を集めた弾丸コーヒー

アメリカ人の起業家、デビッド・アスプレイ氏が考案し、世界から注目を浴びたコーヒー。アスプレイ氏は高脂肪・低炭水化物の摂取によるダイエットも提唱する人物。防弾コーヒーはダイエット効果あり、とも言われたりもしますが、科学的な根拠はないようです。

 

防弾コーヒーは、バターとココナッツオイルをミキサーでよく混ぜ合わせてコーヒーに入れた飲み物。カフェオレを飲んでいるようなコクとまろやかさ、ココナッツの香りが特徴的です。飲んだときにはバターの味がしないものの、後味にバターが残ります。

 

【作り方】(一杯分)

  1. バター小さじ1と、ココナッツオイル小さじ1をブレンダーでかき混ぜます
  2. コーヒーをカップに注ぎ、1を加えて出来上がり

 

関連記事:話題の完全無欠珈琲『バターコーヒー』って? 効果や味・作り方を紹介!

関連記事:【現役ライターも実践中】集中力が上がる「ギーコーヒー」の作り方

3. 【卵 その1】殻ごと入れちゃうユニークレシピの北欧風エッグコーヒー

スウェーデンやノルウェーで飲まれていたものが、アメリカにも渡ったとされるコーヒー。アメリカでは、ルーター派教会で大勢の信者たちにふるまうためにつくられたため、「教会の地下室のコーヒー」とも呼ばれているとか。

 

つくり方がとてもユニーク。粗びきしたコーヒー豆と生卵を殻ごと混ぜ合わせ、鍋で水と一緒に煮立てます。こうすると、卵がコーヒーを浄化して酸味や苦みを取り除くと言われています。

 

卵やコーヒー豆は煮立てているうちに団子状に固まるため、コーヒーに不純物が混ざることはありません。が、出来上がったコーヒーは、透明感が消え、やや濁り気味。ミルクを入れたときのようなクリーミーさやコクはなく、まろやかなブラックコーヒーを飲んでいる感じです。

 

【作り方】(2杯分)

  1. 粗びきしたコーヒー大さじ5杯、生卵と殻(お好みで)1個分を混ぜ合わせます
  2. 鍋に1と水カップ3を入れ、5分くらい煮立てます
  3. 煮立てると1は団子状に固まりますが、念のため茶こしなどでこしてカップに入れて出来上がり

 

関連記事:エッグコーヒーやクリアコーヒーってどんな?世界の珍コーヒー

4. 【卵 その2】その甘さが病みつきになっちゃうハノイ風コーヒー

ベトナムのハノイ生まれのコーヒー。第二次世界大戦後の牛乳が不足していた時期に、卵の黄身をミルク代わりに使用したのが始まりとされています。

 

現在のレシピでは黄身に加えて、コンデンスミルクを使用。これらを泡立てコーヒーに入れるとキャラメルのような風味になるだけでなく、コーヒーの苦みを吹き飛ばすようなパワフルな甘さが加わります。

 

【作り方】(1杯分)

  1. 卵の黄身1個分と、コンデンスミルク小さじ3をブレンダーでふわっとするまで泡立てます
  2. エスプレッソをつくってカップに注ぎ、1を加えて完成

5. 【アイスクリーム】コーヒーにおぼれる!? イタリア生まれのアフォガート

アフォガートはイタリア発祥、アイスにエスプレッソを注いだ飲み物。「Affogato」とはイタリア語で「おぼれる」などを意味する「affogare」から派生した言葉です。

 

器に入れたアイスクリームは、熱いエスプレッソが注がれるとじわじわと溶けだし、まさにおぼれている状態。そして、苦みのあるエスプレッソにはほどよい甘味が加わっておいしさは倍増。デザート感覚で味わえるコーヒーです。

 

【作り方】

  1. バニラアイスクリームをカップに入れます
  2. エスプレッソをつくり、1に注いで出来上がり

 

関連記事:コーヒーベースのアレンジレシピ3選!自家製コーヒーベースの作り方も紹介します!

関連記事:マシンなしでもOK!自宅で楽しめる「なんちゃってエスプレッソ」の作り方

世界の絶品コーヒーをお試しあれ!

以上、ミルクの代用品としておすすめの動物性食品と、世界のコーヒー5つをご紹介しました。バターや卵など、コーヒーにはマッチしそうにもない材料を使ったレシピもありますが、その味は世界の人々も認めるところ。みなさんもご紹介したレシピを参考に、いつもとはひと味もふた味も違うコーヒーをお楽しみください!

関連キーワード
コーヒー, 知識の関連記事
  • コーヒーマグとクッキー
    世界の珍コーヒー!? 定番に飽きたら試したいユニークなフレーバーコーヒー5選
  • 似ているようで違う? カフェと喫茶店の違いを解説!
  • 【資格】コーヒーが美味しくなるプロの仕事!バリスタの職業とは?
  • 【エアロプレスが活躍!?】アウトドアでコーヒーを楽しむいくつかの方法
  • 舌を出した犬
    犬にコーヒーを飲ませても大丈夫? 犬のためのコーヒー「Rooffee」をご紹介
  • 【いつ飲み始める?】子どものコーヒーデビューで知っておきたい3つのこと

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
カフェっ子リカちゃん
そろそろ新しい珈琲屋さんを新規開拓したいなと思ってた時、ちょうど今コラムを書いてるこの【cafend】で、行きたいお店を見つけたの。今度行っ...