先日、お話をしたUCCプロフェッショナル認定試験の試験結果がついに出ました。
今回は、ちょっと晒し系の記事になりますが、ご興味のある方、読んでみてくださいね。

それは5月末日に一通のメール便が自宅に届き、絶対に落ちている、と確信していた私は、届いてきていたのは知っていたけど、しばらく2、3日の間、封筒の開けれずにいましたが、
ここのサイトで公言していたのもあり、意を決して、試験結果を確認しました。

「やっぱり。。。やっぱり。。。落ちてる。。。」

筆記ができなかったもんな……。実技もイマイチ調子よくなかったもんな。。。といちいち自分に言い訳をしました。
が、しかし、

なんと!!!!
なんと!!!! 無事に意外や意外にも合格しておりました〜。
これで私も、なんとかコーヒーの伝道師に認定です。やったぁ。

ってなことで、これからプロフェッショナル認定試験を検討している方、もしくは惜しくも今回の試験結果で残念な結果になった方々のために、私でお役に立てるか、正直不安ではありますが、少々アドバイスをできたらなと。(上から目線じゃありません〜。)
私が実際におこなった勉強法や勉強期間などお伝えするので参考にしてみてください。

試験結果は合計点500点中、400点以上で合格となります。
私の予想では、もっとギリギリラインかなと思ってたんですが予想に反しての418点でした。すっごい高得点でもないけれど思いの外、点数良くて良かったです。
点数の内訳としては、こんな感じ。

  • 筆記が200点中150点
  • 実技が300点中268点

実技には自信があったのですが、やはりその日の体調だったりが影響してしまいます。
また午後からの試験だったのですがランチに、たっぷりネギが入ったラーメンを食べてしまい、軽く味覚音痴に。
とてつもなく後悔しました。ですので当日は、あまりクセのないものをランチでいただくのがオススメです。

確実に点数を稼ぐために重要になってくるのが、ペーパードリップでのプレゼンテーション。
8分間を使ってペーパードリップの基本をプレゼンしながら講師の前でやるわけなんですが、ちょっと緊張するので
私は、家族や友人に協力してもらいながら、何度も練習しました。多分50回くらい。
ちょっとコーヒーいっぱい使っちゃうけど、勿体ないと思わず練習あるのみです。
また事前に台本を作ってシナリオみたいのものを用意して本番に挑みました。
それのおかげで、こちらは練習した甲斐あって、ほぼ満点。
また8分間の時間調整が難しいので必ずストップウォッチで測りながら練習しました。

他で、高得点だったのは、(実は満点)ティスティングです。
こちらは感じたことを、細かく細くできるだけ表現豊かに記載しました。おそらくですが、びっしり文字を書き込んだのが良かったのかもしれません。
間違った表現を書いてマイナスになるのではないのかと不安になるところですが、思ったこと感じたことを明確にたくさん書く方が、高得点につながるんだと思います。

そして筆記ですが、こちらは少し甘めに得点をつけていただいているような気もしたりしますが、
後から自分で予想した自己採点よりも高めでした。
試験中、記述が多く悩み空欄にしたくなるような難しい問題も、ちらほらあったのですが、できるだけ
何も書かないで提出するのだけは、やめて頑張って知恵を絞って書き出したので、それが功を奏したのでしょう。
テストの基本中の基本かもしれませんが、粘って書いて良かったです。

さらっと駆け足で、今回の試験について、思い返しながら、おさらいしてみましたが、コーヒーの知見を深め勉強したいと思ってる方は、UCCアカデミーはセミナーも含め随時多様なコースで開講してるので、ぜひ調べてみてくださいね。

UCCコーヒーアカデミー

関連キーワード
  • ハンドドリップの入れ方を動画で解説!【基本のコーヒー抽出を覚えよう】
  • 【THE LOCAL COFFEE STAND】2周年おめでとうございます!
  • UCCのプロフェッショナルコースを修了した感想ブログ
  • バリ島のコーヒー農園探しは観光地?【インドネシア滞在記】 (前編) 
  • 一杯のコーヒー
  • 女子力高い塩顔イケメンと写真の話

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
カフェっ子リカちゃん
この前、職場の先輩が習っているフラメンコの発表会を主人と見に行ってきたの。 もともと1人で観に行く予定だったんだけど、主人が「え、フラメン...