この春から新生活を始められる方も、そろそろ部屋の模様替えをしたいなぁなんていう方も。

 

部屋は広いに越したことがないけれど、そうもいかない時は往々にしてありますよね。

 

なんていう筆者もその1人。決して広いとは言えない部屋に住んでいます。(苦笑)

 

しかしです。狭い部屋でも、ちょっとのコツを押さえることで広くおしゃれに見せることは十分可能。

 

部屋のインテリアや家具を選ぶ際、覚えておくと重宝しそうなインテリアテクニックを本記事ではご紹介致します!!

視線は低く、センスは高く

@saaya.homeがシェアした投稿 -

部屋を実際よりも広く見せたいのなら、まずは「家具は背丈が低いものを選ぶ」ことをおすすめします。

 

ローソファにローベッド、ローテーブルにローテレビボード。とにかく「ロー」のつくものを探しましょう。視線を低くし、部屋の高い部分を開けておくことで、実際の空間より広く感じさせることができます。。そして「ロー」でまとまった部屋は統一感が出て洗練された印象に。おしゃれと広さ、どちらもあっという間にゲットです。

色は明るめを選ぶ

これは、物件探しの際にも是非覚えておいていただきたいポイント。

 

人の視覚ってなかなか不思議で、同じ面積でも明るい色の方が広く感じるという性質があるのです。

ということは、大きな面積を占める壁や床、ドアの色が明るめだと部屋全体が広く見えるんですよね。

物件探しの際は、部屋全体に使われている色を見ることをおすすめします。

 

そしてこれは、家具にも同じことが言えます。部屋で大きな割合を占めるベッドやテーブルは、白や淡いベージュ、ナチュラルブラウンなどを選ぶようにしましょう。

柄なら小さめ、線は縦で

大きな柄は、どうしても部屋を狭く見せてしまいます。

柄物を使いたい時は小さめのものを選ぶようにしましょう。

 

そして広さに繋がる縦の空間。天井が高いと、それだけで空間が広く感じますよね。

実際よりも高さがあるように見せるコツは、「縦のラインを入れること

例えばカーテン。模様を縦ラインのものにするだけで、目の錯覚で天井を高く見せることができますよ。

壁面収納を活用する

sakuraさん(@rnh__1024)がシェアした投稿 -


壁に取り付けられる家具が近年人気ですね。最近では、賃貸でも壁に傷がつきづらいものなども出てきて、一人暮らしの部屋でも出来るインテリアの幅が広がってきています。

 

そしてこの壁面収納の魅力がすごい。収納として本やタオル、コーヒーメーカーなどをおくだけで、かなりおしゃれな空間を生み出してくれるのには驚きです。

 

サイズや形もさまざま。部屋の雰囲気に合わせたものを選んで活用してみてはいかがでしょう。

間接照明で奥行を出す

おしゃれと広さを求めるのなら、間接照明は必須アイテム。部屋全体を照らす照明の他にあと1つ。間接照明1つあるだけで、部屋の雰囲気と広さはぐっとアップ。そしてできれば、置く場所は部屋の隅がおすすめです。壁に照明をあてることで、空間に奥行がうまれます。

 

明るい照明に目が疲れた日や、ゆっくり過ごしたい夜には間接照明だけつければ、リラックス効果も期待できます。価格も手軽なものが多いので、おすすめです。

今日からあなたもおしゃれ部屋

いかがでしたか。狭くても、広さとおしゃれは演出できます。

 

そして、そのコツはお伝えした通り意外と簡単。

 

自分が大好きな部屋に帰ってきた時のあの幸福感。それはもうなにものにも代えがたいものですよね。

洗練された快適な空間を、是非あなたも作ってみてはいかがでしょうか。

関連キーワード
ライフスタイルの関連記事
  • 【超使える】おうち料理をワンランクアップさせるコーヒーレシピ3選!
  • うちカフェテラスで、ホムパはいかが?
  • 狭い部屋でも広くおしゃれに。~インテリアテクニック5つのポイント~
  • 胃もたれのときにコーヒーは控えるというのは本当?その解消法とは?
  • 読書
    カフェで読書。渋谷で「ゆっくり訪れてみたい」ブックカフェ7選
  • cafepass
    「CAFE PASS」で探していたカフェを見つけよう!【Wi-Fi・電源の検索可】

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事