昔ながらの喫茶店に行くとメニューに「ウィンナーコーヒー」の文字を見かけませんか? こんもりとホイップクリームが乗り、華やかでちょっぴりレトロな雰囲気のウィンナーコーヒーは、苦味とまろやかさが調和したクリーミーな味わいが特徴です。

 

普通のコーヒーはちょっと苦手、という方もウィンナーコーヒーならチャレンジしやすいかもしれませんね。

 

しかし、ウィンナコーヒーは美味しい飲み方を知らなければ、せっかくの味を十分に味わえないことも。今回はウィンナーコーヒーをおいしく飲むポイントと、自宅で上手に淹れるコツについて解説します。

 

関連記事:【カフェの注文で困らない】世界のコーヒーアレンジを知ろう!

関連記事:相性バッチリ! コーヒーを飲みながら聴きたいジャズ10選

ウィンナーコーヒーとは? 特徴や名前の由来について

ウィンナーとは「ウィーン風の(Vienna)」という意味。オーストリアの首都ウィーンが発祥のコーヒーのことです。しかし、実際にウィーンに「ウィンナーコーヒー」というメニューはないため、旅先でオーダーしても出てこないのでご注意を!

 

ウィーンはヨーロッパで最初にカフェ文化が生まれた国といわれ、あらゆるカフェメニューが存在します。なかでもダブルのエスプレッソに同量のホイップクリームを乗せた「アインシュベナー」というメニューがあり、日本のとある老舗の喫茶店でウィンナーコーヒーが生まれるアイディアの元になったと考えられているんだとか。

 

日本のウィンナーコーヒーはエスプレッソではなく、濃いめのドリップコーヒーにザラメ糖を入れ、無糖のホイップクリームを乗せたものが一般的。

 

最近ではふんわりとしたホイップクリームがSNS映えすると若者の間でも人気です。ウィンナーコーヒーは世代を越えて愛されているんですね。

ウィンナーコーヒーを最後までおいしく味わう上手な飲み方

ウィンナーコーヒーの飲み方に正解はありません。

 

しかし意外と飲むのが難しく、ホイップクリームをこぼしたり、コーヒーとうまく混ざり合わずにおいしさを感じられなかったりすることも。

 

そこで、せっかくのウィンナーコーヒーを最後までおいしく味わうための上手な飲み方を、順を追ってご紹介しましょう。

1.コク深いコーヒーを味わう

ウィンナーコーヒーをサーブされたら、まずホイップとカップのすき間からそっとすするようにしてコーヒーのコクを味わいましょう。ホイップがふたの役目を果たし、コーヒーは熱々になっているので気をつけてくださいね。

2.ホイップとコーヒーのハーモニーを味わう

次に、コーヒーのカサが減ったら、ホイップクリームと混ぜて、コクとまろやかさのハーモニーを味わいましょう。熱いコーヒーと、冷たいクリームとのコントラストも楽しいですね。

 

もちろん、クリームだけをすくって食べるのもOK!

3.ザラメ糖の甘さと食感を味わう

最後に、コーヒーの底に溶け残ったザラメ糖の甘さを味わいます。ジャリジャリとした食感も一緒に楽しみましょう。

おいしいウィンナーコーヒーの淹れ方・作り方のポイント

ウィンナーコーヒーは自宅でも意外と簡単に楽しめます。自分で淹れればお好みの味わいも見つけやすいですよね。

 

時には優雅にウィンナーコーヒーでおうちカフェを楽しんでみましょう。

 

■作り方

  1. 生クリームをピンとツノが立つくらいに泡立てる
  2. やや深煎り、もしくは深煎り豆を使って濃いめにコーヒーを抽出する
  3. 温めておいたカップにザラメ糖を入れ、その上からコーヒーを注ぐ
  4. 泡立てたホイップクリームをコーヒーの上に乗せて完成

 

さらにおいしいウィンナーコーヒーを淹れるには、次に挙げるポイントを忘れないようにしましょう。

■無糖でもおいしい高脂肪の純生クリームを使う

ウィンナーコーヒーの味を左右する鍵となるのは、なんといってもふわふわのホイップクリームです。

そのため、生クリーム選びも重要なポイント。植物性に比べてコクや風味が優れた動物性の純生クリームを使い、コーヒーとの割合が1:1になるよう、こんもりと乗せましょう。

■深煎り豆を使ってホイップに負けないコクを出す

まろやかなホイップクリームに負けないよう、コーヒーは深煎りの豆を使って、コク深く淹れます。挽き具合は細挽き〜中挽きほどがおすすめです。もちろん、本場ウィーンのアインシュベナーのようにエスプレッソを淹れてもOKです。

■お好みでチョコやシナモンをトッピングしてアレンジを楽しむ

自宅でウィンナーコーヒーを淹れるのなら、アレンジメニューを楽しむのもよいですね。

ホイップクリームの上にチョコレートソースをかけたり、シナモンスティックをプラスしたり、お好みに合わせてトッピングしてみましょう。

ウィンナーコーヒーはアイスでも! 夏もおいしく飲める

ウィンナーコーヒーはホットで淹れるのが一般的なため、「冬のドリンク」と思っていませんか? しかし、冷たいホイップクリームを温かいコーヒーに溶かすと、ちょうど飲みやすい頃合いになるため夏にもぴったりです。

 

それでも「冷たいドリンクがいい!」という方には、アイスのウィンナーコーヒーもおすすめ。たっぷりのアイスコーヒーの上に、これまたたっぷりのホイップクリームを乗せれば、暑い夏も乗り切れそうですね。

自分だけのおいしいウィンナーコーヒーの飲み方を見つけて楽しもう

ほろ苦いコーヒーにまろやかなホイップクリームをこんもりと乗せたウィンナーコーヒーは、昔も今も人気のメニュー。自分だけのおいしい飲み方を見つけるのも楽しいですね。

 

また、自宅でウィンナーコーヒーを淹れて、ちょっぴり華やかなおうちカフェを楽しむのもおすすめ。生クリームとコーヒーにこだわって、味わい深いウィンナーコーヒーを淹れておいしくいただきましょう!

 

関連記事:コーヒーベースのアレンジレシピ3選!自家製コーヒーベースの作り方も紹介します!

関連記事:【こんなアレンジも美味しいの!?】コーヒーにちょい足ししたいおすすめ食材10選

関連キーワード
コーヒーの関連記事
  • お菓子とコーヒー
    コーヒーとタンパク質の関係とは。ビーンズチョコが摂取のコツ!?
  • コーヒードリップの量って何か正解なの?
    コーヒーをドリップする時の量ってなにが正解なの?
  • 【カプセル式コーヒーメーカー】ネスカフェ・ドルチェ グスト®シリーズの種類や特徴を比較しました
  • 【泡が名前の由来?】意外と知られていない?カプチーノとカフェラテの違いとは?
  • パウリグの人気シリーズ「プレジデント」
    フィンランドのコーヒーライフを支え続ける老舗【パウリグ(Paulig)】

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう