カフェラテとカフェオレ

 

カフェにいけば必ずあるメニューの、カフェラテとカフェオレ。

見た目も名前も似ている2種類のコーヒーですが、何が違うのか把握できている方は少ないのではないでしょうか。違いをちゃんと理解していてれば、カフェで迷うことなくオーダーできますし、デートの時にサラッとこたえられるようにしておくのも、男性なら必要かもしれませんよね…。

 

ということで今回は、そんなカフェラテとカフェオレの違いについてご説明いたします。

フランス生まれのカフェオレ。イタリア生まれのカフェラテ

カフェラテとカフェオレ

カフェオレとカフェラテ、どちらもミルク入りコーヒーという意味ですが、カフェオレはフランス、カフェラテはイタリアが発祥です。

 

また、2つのコーヒーの違いは発祥の国だけではありません。カフェオレはドリップコーヒーがベースですが、カフェラテは、エスプレッソマシンで抽出したコーヒーをベースにしています。つまり、コーヒーそのものにも違いがあることがわかりますね。

 

また、両者はベースのコーヒーだけではなく、使用するミルクの量も違いがあるのです。一般的に、カフェオレは温めたミルクを5分目ほど入れるのに対し、カフェラテは温めたミルクを8分目まで入れて作ります。

 

このように、カフェラテの方がミルクの配分が多く作られていますが、その分だけカフェラテの方が優しい味わいだと考える方もいるかもしれません。

 

しかし、実際はどちらのコーヒーが飲みやすいのでしょうか。

苦味が多いカフェラテ。カフェインの量が多いカフェオレ

カフェラテとカフェオレ

2種類のコーヒーを比べると、カフェラテのほうがミルクの量は多いのですが、実はカフェラテの方が苦味が多いのです。

 

カフェラテのコーヒーはエスプレッソマシンで抽出されますが、エスプレッソマシンを使うとコーヒーの抽出される量は少なく、濃厚で苦味が多いコーヒーが抽出されますのです。また、エスプレッソマシンで抽出されたコーヒーは圧力をかけて短い時間で抽出されるため、カフェインの量が少ないコーヒーが出来上がるのが特徴です。エスプレッソはその濃厚さからカフェインがたくさん含まれているイメージがあるかもしれませんが、これは意外な事実。

 

一方カフェオレは、ドリップ式のコーヒーなのでカフェラテほどの苦味はありません。ドリップコーヒーとミルクの味が調和し、まろやかな味わいを楽しめます。また、カフェラテを作るには、専門のマシンが必要ですが、カフェオレのコーヒーはドリップ式なので家庭で気軽にコーヒータイムを楽しめる便利さがありますね。

カフェラテ・カフェオレを飲むときにおすすめのフード・スイーツ

カフェラテとカフェオレ

カフェラテやカフェオレを楽しむひととき、どのようなフードやスイーツがマッチするのでしょうか。

フランス生まれのカフェオレは、オシャレなパリジェンヌのブレックファーストときの飲み物としても愛されています。

 

酸味が多く、苦味が少ない浅煎りの豆で抽出されるカフェオレですが、パリジェンヌは「カフェオレボウル」と呼ばれる大き目のカップにたっぷりとカフェオレを注ぎ入れ、焼きたてのバゲットやクロワッサンなどを浸して朝食を楽しみます。また、午後のコーヒータイムなど、まろやかな味のカフェオレには甘味が少ないお菓子や、軽い塩味のビスケット、クッキーなどの相性がいいでしょう。

 

一方、濃厚な味わいが特徴のカフェラテは、チョコレートを使ったスイーツがよく合います。たとえば、ガトーショコラなどのケーキやチョコレートクッキーなど。そのほかにも、ティラミスやアイスクリームなどもよいでしょう。コーヒーの苦みが、濃厚さや甘みの強いお菓子で中和されるので、一緒に食べると相乗効果を得られ、よりいっそうコーヒータイムを楽しむことができます。

カフェオレとカフェラテは完全なるべつもの

カフェで定番の2つのコーヒーについてご説明しました。一見似ているカフェラテとカフェオレですが、その違いを知っていれば迷うことなくスムーズに注文することができますね。

 

生まれた国も別々のカフェラテとカフェオレは抽出方法も違うため、コーヒーの味や相性のいいフード、スイーツも異なります。

 

違いが分かったうえで、2つのコーヒーを飲み比べてみるのも面白いかもしれませんね。

関連キーワード
コーヒー, 知識の関連記事
  • コーヒーのカフェインは風邪に効果あり?風邪のときの効果的な飲み方
  • ケニアコーヒーの味と特徴【柑橘の香りと力強いボディ】
  • コールドブリュー
    夏にぴったりのど越しさわやか!コールドブリューの魅力とアレンジレシピ5選
  • 話題の完全無欠珈琲『バターコーヒー』って? 効果や味・作り方を紹介!
  • 豆の鮮度を守る。コーヒーの正しい保存容器と保管方法について
  • coffee-shikaku
    【バリスタに資格は不要?】コーヒー業界のおすすめ資格まとめ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事