彼と彼女は、ただのセフレ。

※前回までのお話はこちらからお読みになれます。

セフレと言っておきながら。
2018.7.23
私の住む街には、昔ながらの銭湯がたくさんある。 そんな昔ながらの銭湯の中に、カフェが併設されている銭湯が出来たと聞いて、この前初めて行ってきたの。 大きなお風呂にゆっくり浸かったあとのカフェタイムは、予想以上に最高! コーヒー以外にもビールもあるし、もちろん鉄板の牛乳も♪ ご近所だし、これは再訪...…
セフレと言っておきながら~その後【1】~
2018.7.30
今年の夏、暑すぎるにもほどがある!! 外なんかもう行きたくないくらいよね。いつの間に日本ってこんなに亜熱帯みたくなったのかしら……。 夏バテしすぎて、アイスコーヒーくらいしか喉を通らない。そんなこの前の週末だったんだけど、相変わらず暑すぎるから、なんの予定もいれずに家で涼んでいたのよね。 ーー...…

でも、彼女の方が好きになっちゃったのよね、彼のこと。よく聞くとまぁクソ男。

(※詳しくはこちら参照してね)

それからしばらく経ってね、気持ちも落ち着いて冷静になったってその日彼女は話してたんだけど。何故だか急にその例の彼が、合流することになった所までが前回のお話し。

その時初めて、彼と彼女のやりとりとか彼女へ対する態度とかを見ることになったんだけど……。

彼が来る前に彼女は、

「りか!私たちがそういう関係だってこと、りかは知らないふりしててね!」

って言われていたのよね。

私もそのつもりだったから、最初は当たり障りのないこととかをみんなで話していたわけ。でも、なんだか彼女の様子が、どんどんおかしくなり始めたの。

彼を試すような言葉だったり、セフレをにおわすようなことを敢えて言ってみたりして。まるで、彼がどう反応するかを確かめているみたい。

「だってこの前はこう言ったじゃん~ほんとむかつく! はいはい、私はあなたのタイプじゃないもんね」

「りか! 私たちは全然そういう仲じゃないんだよ? ただの友達! ね、ただの友達! そうでしょ!?

更にはバカップルがするような、太ももあたりを触り始めた彼女……。(こらこらこらこら)

その時の彼の反応、わかる?

ずっと迷惑そうな顔してた。

彼女が何かそういう感じのことを彼に話しかける度に曖昧な「あぁ、うん。」という、なんともつれない返事。目は彼女と決して合わせない。その話題以外の時は楽しそうに笑顔を見せるのに。

彼女がふざけて太ももを触った時も、こっちを見てなぜか苦笑。

いや、そんな風に苦笑いされても私知ってるからね、あなたがクズなこと。こっちに「困ったよねこの子」みたいな苦笑いを向ける前にすることあるんじゃない?

こういう人、ほんとに多いわよね。

まぁ確かに、彼にとってもこれは公共での逆セクハラ。私だって、「またそんな逆効果なことを……」って思って若干あきれてたけど。

でもね。

あなたはそんな迷惑そうな顔しないでよ。自分で決めてここに来たんだし、そういうことになりかねないっていうのは想定内だったんじゃないの? もし想定外だったとしたら、こっちもこっちで相当おバカちゃん。

そして、彼女をそんな風にさせてるのは。

あなたじゃないの?

カフェリカ

あなたが煮え切らない態度をとっているから。今日だって来ちゃうから!!

彼女は期待しちゃうのよ。

はっきり言葉で聞けないから、試すような言葉や態度をしちゃうんじゃない。

そこ、分かってるのかしら。

そんな迷惑そうな顔をするなら、そんな引いたような態度をするなら、来なきゃよかったじゃない。それ以前に、はっきりもう会わないって、言ってあげてよ。

「俺は最初断ったし、この関係でいいっていうなら続ける」

なんて言おうものなら、全世界のあなたがタイプだっていう女性たちからしっぺ返しをくらえばいいわ。

ちなみに彼のタイプは完全に見た目。そしてカップはFカップ以上だそうよ。

ひょうひょうと口に出しちゃう人って、案外モテたりするから、彼ももしかしたらそうなのかもしれない。

でも。

もうこれ以上彼女を傷つけないでほしい。

そして、彼女にもいよいよ気付いてほしい。

なんだか帰り道は、とてつもなく悲しい気持ちになった。

私がどれだけ「もうやめなよ」って言っても、彼女本人が心の奥で気づくまでは、もしかしたらセフレの関係は続いてしまうのかもしれない。

私が願うのはひとつ。

一刻も早く、彼女がこの「どうしようもない」現実に早く気づくこと。

そして、もっときっと、あなたを本当に大切にしてくれる男性もいるはず。

まぁ。どんな経験も糧にはなるけど、不要に長引かせることもないわよね。

いつか彼女が幸せになれますように。

するもしないも、あなた次第
2018.7.13
いいのよ? 別にしたって。 今日のランチで入ったカフェがもう空間がおしゃれでアイスコーヒーがとてつもなく美味しくて、めちゃくちゃタイプの店だった。 意外と混んでないし、穴場発見かしら。 座った席の隣には、お昼休みに来ました! という感じのランチOL二人組。 聞こえてくる会話は、昼にかなり似つ...…
関連キーワード
  • 男の条件、女の条件。
  • セフレと言っておきながら~その後【2】~
  • ほんとに好きなら、怒れるはず。
  • 切ないくらいが、ちょうどいい
  • 夜明け前が、一番暗い。~新年明けましておめでとう~
  • 遅すぎるなんて、思ったもん負け。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事