お正月休みに実家へ帰った時、地元に住む高校時代の友達と久しぶりに会ったの。待ち合わせ場所は、高校の時によく通った、パスタとコーヒーが美味しいと有名なカフェ。久しぶりに入ったカフェはあの頃と、なーんにも変わってなくて、タイムスリップしたみたいな感じだったわ。

 

私たちも高校時代を思い出して、うっかりその頃好きだった人の話とか話し始めちゃったわけよ(苦笑)今思えば、ものすごくイタイ思い出を互いに知ってる2人だからこそ、何度もコーヒーを吹き出しそうになっちゃった。そんな時に、友達がふと漏らした言葉がなかなか深くてね。

 

「あの頃ってさ~、がむしゃらに好きって気持ちに素直で、その気持ちを大事にして、あの頃は過ごしてきたけど、なにが好きだったかって言われると、なんにも思い出せない(笑)でも、ただ素直に好きって気持ちだけで動けてた自分も、やっぱり若くてよかったな。」

 

ですって。なんだかものすごく共感しちゃったのよね。その時代その時代の「好き」ってきっと、違うものなのかもね。

 

そうなってくると、今現在の私たちの「好き」って? ってなってきたの。まるで女子高生みたいに語っちゃったわよ。お正月休みバンザイ。

 

友達の答えは「尊敬できるのに、気は使わない人

私は「疲れた夜でも気負わずに会える人」

 

……自分たちで言うのもあれだけど、だいぶ落ち着いた回答だった(苦笑)

さすが、女子高生から○年経つだけあるわ。

友達が言うには、尊敬がないとやっぱり恋愛感情は生まれない。尊敬なしの感情で付き合うと、2人の意見が食い違った時、どうしても相手に譲ることができないのよね。でも尊敬の感情だけだと自分が委縮しすぎちゃって、本当の自分が出せない。それだと結局うまくいかない。だから、気は使わずに尊敬も出来る人が理想。

 

そして私。表面だけの「好き」だと、疲れてる時は出来たら会いたくないって思ってしまいそう。だって、疲れているのにまた元気を出して、お化粧直して、相手に気を使ってって。ぐったりよね。そんな恋愛をしたこともあったような、なかったような。

 

ここ数年は「疲れたそのままの自分」も見せることができたり、「今日は、ほんとに疲れた」って言える相手が理想になった。無防備な自分を見せれるって、心を許しているなによりの証拠だって考えるようになったのよね。もちろんそれは、だらけるって意味ではないわよ?

 

私、思うのよね。

2人が求めた根底は、きっと「安心感」なのかもしれないって。

 

10代、20代、もっと自分が元気いっぱいだった頃は、刺激的でかっこよくて年上で……とか言ってた時もあったような気がする。あの時の私たちが必要だったのはそんな「好き」だったのよね。

 

時間が流れて、それぞれいろんな恋をして、辿り着いた今の「好き」は「安心感」だった。たぶん、地に足をつけて恋や仕事をしたいお年頃なのかも、ね。

 

さて。あなたが今思う「好き」の定義はどんな感じ?

 

あなたももしかしたら、昔の自分とは全然違う「好き」を求めているかも。自分を見直すいいきっかけになるから、おすすめよ。

 

今、モラハラに苦しむあなたへ。
2018.11.13
昔働いていた職場の同僚たちと久しぶりにカフェで女子会をした時のこと。入社時期は違うから厳密に言えば先輩後輩ではあるんだけど、年齢が一緒だからか今では友達みたいな、いい関係。 当時20代になりたてだった私たちも、それから結婚したり出産したり、キャリア街道まっしぐらだったりで、時間が流れたことを感じる...…
信じれないならそこで『ジ・エンド』
2018.9.7
恋愛に限らず、人間関係において「信頼関係」ってかなり重要。 相手を信じられるか否か。そして、相手も自分を信じてくれているか否か。 それって互いの行動をみたら、すぐにわかると思うのよね。 今日は、ブックカフェで一人ゆっくりコーヒー片手に本を読んでいた時に聞こえてきた、とある女性の悲しいお話。 ...…

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
カフェっ子リカちゃん
なんだかなぁって思うことって、生きてると誰にでもあるわよね。 しかも、聞いてるだけで虫唾が走る話も、なかなかあったりなかったり。 今日はね、...