たまには新規開拓しようってことで、入ったそのお店。
結構当たりだったみたい。

 

決して広いとは言えない、こじんまりとしたお店。

どうやら界隈では有名なバリスタさんが淹れるコーヒーは、美味そのもの。

 

近すぎず、遠すぎずなその距離感も、うん。最高。また来よう。

 

そんな、ひっそりと佇むそのお店で聞いた今日の話。

 

私が大好きな友達から、「相談がある」と連絡がきたので、早速会いに行ったわけ。

そこで私が聞いたのは。

 

数年付き合った彼と別れて、はや3年。1人を謳歌していたその子に、新しい出会いが訪れたの。

自分もいいな・・・・・・と思っていた相手から、先日告白されたらしいの。

 

相手は、取引先の社長。

 

歳の差、12歳。そして彼の方が、年下(!!)

ちなみにその子は今年40歳。彼は、28という計算になるわね。

 

 

仕事が出来て実年齢よりも若く見える彼女は、見事、社長のおめがねにかなったというわけ。

聞いてる私の方がテンションあがっちゃって、

「えぇ良かったじゃない!おめでとう♡それで返事は?もうした?」

なんて聞いてたら。

 

なんだか浮かない表情の彼女。

 

「うん。なんか自信なくて、お断りしようかと思ってて・・・・・・。」

 

目がテンって、この瞬間の私のことを言うんだと思ったわ。

なんで? だって自分自身も、相手のこといいって思ってたわけでしょう?

よくよく話を聞いてみたら。

ようは彼女、自分に自信がないみたい。

 

取引先の若手社長(しかもイケメンらしい)に手を出したなんて会社にばれたらどうしよう

40歳のおばさんなのに、彼はこんな私でいいのかしら

・もし万が一付き合ってみて、その先「あ、違うかも」ってひかれたらどうしよう

・第一、40歳で付き合うって、子供とか産めないかもしれないけど、いいのかしら

 

という、どうしようのループにはまっていた彼女。

私、思うのよね。

それは、相手が決めること。

 

 

いくらあなたがどうしようって思ったところで、相手はあなたのこと、いい!って思ったんでしょう?

あなたがどれだけ考えたところで、それって実は、答えが出ない。

 

相手が決めることだもの。

・会社にばれたところで、あなたと相手が堂々としていれば、周りなんて関係ない

・40歳のあなたってよりも、あなたを好きになって、たまたまその人の年齢が、40歳だったってだけ

・あ、違うかもって思われてもいいじゃない。それがあなたなんだから。その時、2人で話し合えばいいだけなんじゃない?

・子供のことだって、28なら十分、分かっているはず。それも、その時がきたら話し合えば?

 

だから、あなたは、そのままの自分をいいって言ってもらえたその人のことを、受け入れるのがベストなんじゃないのかしら。

というか、幸せを噛みしめなさいよ(笑)

 

そんな事を話していたら、ようやく彼女も笑顔を取り戻して

「そうか。そうだよね。なんか、付き合うのがこわいっていう気持ちを隠して、言い訳してただけなのかも。」

 

って。

うんうん、その調子よ。

 

付き合ってみないと分からないことだらけ。

付き合う前に放棄しちゃうなんて、なんてもったいないことを。

それにね。

 

いいなと思っている人が、いいって思ってくれるなんて。

最高じゃない♡

 

少しずつまた、付き合っていけばいいのよ。

 

 

ふとバリスタさんのことを見たら、バリスタさんも「うんうん」って、頷いてたわ(笑)

うん。

 

やっぱりこのカフェ、嫌いじゃない。

関連キーワード
  • ほんとに好きなら、怒れるはず。
  • ハムより薄いか?女の友情
  • 「どうせ最後はお金でしょ?」その言いぐさには異論あり。
  • THE【めんどい女】の見分け方
  • たまにはそれも、したくなる。
  • 果報はね、寝て待つの。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
見つめ合う彼女と彼氏
カフェっ子リカちゃん
地元の駅の改札入った所に、新規オープンでカフェが入ったの。 チェーン店ではあるんだけど、ノマドにはもってこい。 珈琲も美味しいし、なんと電...