9月になっちゃった。

 

9月になると、いきなりあれよね、秋っぽくなるわよね。
涼しくて、心地よくて、最高なんだけど。
それと同時にひと肌恋しくなる季節。

 

そんな、ちょっとだけセンチメンタルジャーニーな気分に浸ってたら、聞こえてきた会話。

切ないどころか腹立たしくなった、この会話。聞いてくれる?

 

 

「もう私。彼と別れることにする。」

友人「どした! あんなに仲良かったのに。どしたの?」

「いや、なんだかね。2人でいるのが窮屈になったんだって。1人でいるのが楽になったんだって。」

 

友人「いや…あんたら、5年付き合ってなかったっけ? そんで、婚約この前してなかったっけ? 親にも挨拶、行ってなかったっけ?」

「そう。だから私も必死に最初はとめたんだけどね。結婚てそんなもん? この5年って、そんなもんだったの? って。でも、彼の中ではもう決めちゃった上、だったんだよね。どれだけ言っても、何年付き合ったって別れる時は別れる時でしょう? の一点張り。」

 

友人「あいつ、まじ・・・・・・。でもさ、○○も○○だよ? なんだかずっと気になってたけど、結構あいつと付き合ってから、麻痺ってきちゃってて心配だった。

「え。」

友人「いや、え。じゃなくて。必死にたぶん、頑張ろうとしてたからなんにも言わなかったけど。もうさ、いんじゃないのかな。自分のこと、そろそろ考えなよ。」

「まじかぁ・・・・・・。」

私。思うのよね。

こういうことって、付き合ってたら、案外どのカップルにでも、ある。

 

でも、どれだけ相手が、相手のことを思いやれるかってところが、人として。大事なことだって最近思うのよね。

彼が、別れを意識しだしたのが、いつ頃だったのか。それさえもわからない。もう無理の一点張りじゃね、なにもかもが、分からなくない?

 

そして、めちゃくちゃシンプルに思うこと。
そんだけ長く付き合ったのなら、きっとちゃんと話せば。どういう結果になっても、分かりあえたんじゃないのかしら。

もしも。別れだとしても。もう一度、やり直せるとしても、ね。

 

付き合うストロークには、時間がある。

もちろんない場合もあるけど。

 

でも大事なのは、そこのストロークじゃなくて、二人が時間をかけて築いてきた絆とか、糸とか。
もしもほどけても、ね。

 

そのかけがえのない時間は、二人だけのものなのにね。
それを、ひとりよがりに断つのは。

くそね。

 

別れて正解よ。悲しいけれど。

 

夏の終わりに、なんだか腹立たしいけど。

 

なんだか無償に腹が立ったから、ブラックのアイスコーヒー、一気飲みして、またおかわりしちゃったわ。

 

大丈夫。

あなたはあなたのままで、生きて行って大丈夫。

でも、もう少しだけ、いらない優しさは、そぎ取ってもいいのかも。

関連キーワード
  • 恩着せがましさ、要注意
  • インスタントだって、なかなかやるの。
  • 悲しみはいつか絶対、糧になるから。
  • マウントなんて、どこ吹く風。
  • 男と女
    セックスレスの正しいカタチ
  • 口の悪い女(ヒト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
カフェっ子リカちゃん
会社の近くにできたカフェ。 朝、コーヒー片手に出勤すると同僚たちがやけに増えたと思っていたら なるほど。このお店の影響ね。? 私も早速行...