『コーヒーのかす』ほとんどの人が捨ててしまっていると思います。

使用済みのコーヒー豆の挽き粉をそのまま捨てるのは、もったいないですよね。
じつは様々な使用用途があることをご存知でしょうか。
コーヒーのでがらしを、すぐに捨てずに簡単に活用できる生活のワザがあるのは嬉しいですよね。
ここでは誰でも簡単にできる使用済みのコーヒーの挽き粉を再利用する方法を紹介していきます。

コーヒー豆は生鮮食品!? 意外と知らないベストな飲み頃と保存方法とは
2018.2.21
毎日、口にする食材だからこそ「鮮度」にはこだわって買い物をしているという方、とても多いと思います。 とくに果物や野菜、お魚といった生鮮食品は、収穫してから時間が経つほど味が落ちてしまうので、フレッシュな“食べ頃”を逃さず、おいしくいただきたいですよね。 実はこれ、コーヒー豆もまったく同じ。鮮度とお...…

【たばこ消臭】煙草の臭いが充満する前に……!

喫煙者が気になるのはやっぱり臭いですよね。

もちろん煙草の煙も臭いの元ですが、灰皿も臭いの発生源になっています。つまり、部屋に灰皿を放置していると、煙草の臭いがどんどん部屋や衣服に付着してしまうのです。

 

そこで、灰皿に使用済みのコーヒーの挽き粉を入れておくと、煙草の臭いを大きく軽減してくれます。

また、濡れた挽き粉を入れておくと、まさかの消し忘れ防止効果も得られ一石二鳥です。

【脱臭】気になる生活臭を速攻・消臭!

キッチンの水周りや冷蔵庫、トイレなど生活の臭いにコーヒーの挽き粉は脱臭効果を発揮します。

 

コーヒーの挽き粉には臭いの元となるアンモニアを中和する効果があり、その威力は脱臭効果で有名な「炭」よりも高いと言われています。
また、挽き粉の消臭効果は乾いた状態より濡れた状態の方が効果が高いので、ドリップ後、すぐに挽き粉をお皿などに広げ、臭いの気になる場所に設置すればOKです。

 

そして、靴箱の臭いも気になる人は多いかと思います。この場合、乾いた挽き粉をいらない靴下などに入れ、靴箱や靴の中に入れると驚くほどの脱臭効果が期待できます。

研磨剤として。食器類をピカピカにコーヒーは洗剤の効果をアップ

真っ黒なコーヒーの挽き粉が洗剤代わりになるなんて意外だと思いますが、本来コーヒー豆はほどよい酸性であるため、油汚れを落とす効果もあるんです。

濡れたスポンジに洗剤と挽き粉を少量付けて食器類やフライパン、鍋などいつも通り洗えばOKです。
また、挽き粉には研磨効果もあるので、こびり付き系の汚れにも大きな効果を発揮します。

【虫除けにも!】コーヒーの香ばしい香りは害虫・害獣除けに?

コーヒーの楽しみの一つ“香り”……ですが、これは人間限定のようです。

 

なんとコーヒーの香りは一部の虫や猫が嫌う臭いということが分かっています。

アリやナメクジ、野良猫の発生箇所にコーヒーの挽き粉を撒けば虫除け、猫除け効果を発揮します。
また、ガーデニングにもコーヒーの挽き粉は活躍します。

害虫駆除はもちろん、コーヒーの挽き粉には肥料の効果もあるので、土と一緒に混ぜれば健康的に植物を実らせることができるのです。

さっと一拭き大変身! 革靴の艶を取り戻す

コーヒー粉磨き「久しぶりに履こうと思った革靴の艶が落ちてる...」

取引先や面接といった大事な場面でくすんだ革靴は相手にマイナスイメージを与えてしまいます。

 

もし、靴用ワックスがない場合はコーヒーの挽き粉が代用品になるんです。水気を切った挽き粉を布袋に入れ、革靴を拭くと真新しい靴のように艶が出ます。

これはコーヒー豆に含まれる油分が作用しているのです。

【番外編】地球規模ではなく生活規模でエコライフを始める

根が不真面目なだけあってエコがどうだとか、宇宙船地球号だとか正直興味がない。

そもそもエコライフなんてものは気持ちにも懐にも余裕がある人間がするものだと思っていたので、この記事を書くまで全く関心がなかった。

考えてもみてほしい。「この素材は焼却時、CO2の排出が少ない」などと言われても、いまいちピンとこない。

 

いや、全くピンとこない。ピンとくる人には大変申し訳ないが、あまりにもリアリティがないのだ。

しかし、使用済みコーヒーの挽き粉は“靴用ワックス”や“脱臭”“洗剤”“害虫除け”など生活に強く結びついていてとても面白い。

新しいことや興味のないことを始めるきっかけは“面白さ”が必要不可欠なのだ。このリアリティと面白さがあればもっとエコライフを世の中に広めることができると思う。

まとめ

コーヒーの挽き粉は淹れた後も艶出しや消臭、洗剤、虫除け、ガーデニングなど
多くの“続き”があるのも魅力の一つではないでしょうか。

最後の最後まで使い切るというエコライフをコーヒーから始めてみるのもいいかもしれません。

関連キーワード
コーヒー, 知識の関連記事
  • 【アメリカンとの違い】コーヒーってなんでブレンドする必要があるの?
  • エスプレッソとドリップコーヒーの違いって?初心者向け徹底解説
  • 【男の体験記】マシュマロ・コーヒーの作り方|思い切って大胆アレンジしてやったぜ!
  • 深煎りと浅煎りの違いとは?焙煎度合による味の違いを知る
  • コーヒーにもイベントがある!?世界各国によってカラーが違う!
  • 贈り物に最適なコーヒーギフト
    【ケース別】贈り物に最適なコーヒーギフトの選び方

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事