ネスカフェゴールドブレンド

忙しい現代社会。お湯だけで楽しめるインスタントコーヒーを愛用している人は多いでしょう。スーパーに行くと、各社メーカーが手掛けている、数々のインスタントコーヒーが並んでいることからも、需要がわかります。

 

ところで、多くのスーパーではインスタントコーヒーの隣に『レギュラーコーヒー』のコーナーがあるのは、ご存じでしょうか?

 

インスタントコーヒーに比べるとやや高めの価格設定をされているので、購入をためらっている方もいるかもしれません。

 

今回の記事では、インスタントコーヒーとレギュラーコーヒーのどちらがオススメなのか、またインスタントコーヒーに深く関わるキーワード『ソリュブル』とは何かについて詳しく解説していきます。

 

関連記事:コーヒーが安いカフェはどこ?有名カフェの値段を比較してみました。

関連記事:コーヒー初心者が味を知る ~味覚・焙煎・豆の種類による違いとは?~

インスタントコーヒーとレギュラーコーヒーの違い

インスタントコーヒーのイメージ

どちらがオススメかを説明する前に、まずは両者の違いをハッキリさせましょう。

 

レギュラーコーヒーとは、日本の場合『100%コーヒー豆が使用されているコーヒー』を示します。豆のままか、粉末の状態かは関係ありません。

 

そして、この名称が生まれた理由こそが、インスタントコーヒーなのです。日本でインスタントコーヒーが家庭に広く普及したのは19世紀末ですが、普通のコーヒーと名称を差別化する必要が出てきました。

 

そこで、「インスタントコーヒーではない普通のコーヒー」を、レギュラー(正規の)コーヒーと呼ぶことになったのです。

 

一方、インスタントコーヒーは『抽出されたコーヒーの成分を乾燥させ、粉末状に加工したもの』を意味します。これをお湯に溶かして戻すことで、手軽にコーヒーを楽しめるのです。

 

ここまでのまとめ

・レギュラーコーヒー:豆を挽いてドリップするコーヒー

・インスタントコーヒー:レギュラーコーヒーを加工して、成分を抽出して作られたインスタント食品

 

関連記事:コーヒー豆と挽豆(粉)やインスタントコーヒーの違い。その特徴とは?

関連記事:【モカコーヒーとカフェモカ】の違いや特徴!これから役に立つ豆知識をご紹介

レギュラーソリュブルって何?

ネスカフェゴールドブレンド

参考画像:ネスカフェ公式サイト

 

インスタントコーヒーで有名な製品にネスカフェ(Nescafé)があります。しかし、実は2013年以降ネスカフェは『インスタントコーヒー』を販売していないのはご存じですか?

 

実際に公式サイトから引用したゴールドブレンドのパッケージを見てみると『レギュラーソリュブルコーヒー』と記載されているのが分かりますね。

 

ネスカフェを生み出したネスレ日本がインスタントコーヒーをさらにレギュラーコーヒーに近づけるために、新技術で開発されたコーヒーこそ、レギュラーソリュブルコーヒーなのです。

 

通常のインスタントコーヒーと違い、微細分にしたコーヒー豆を混ぜて乾燥させることにより、より一層の風味や香りを保存することを可能にした、画期的な発明です。

 

しかし、この発明に対して全日本コーヒー公正取引協議会は「あくまでもインスタントコーヒーであり”レギュラー”の呼称の利用は認められない」と主張。結果的にネスレはこの件をきっかけに協議会を脱退しています。

 

今回の記事では「お湯に溶かして飲む」という観点から、ネスカフェはインスタントコーヒーとして取り上げますので、ご了承ください。

 

関連記事:ミルとグラインダーの違いはあるの?コーヒー豆を自宅で挽く前に知っておこう

関連記事:【海外と日本のコーヒーの違い】外国人が絶賛する日本のコーヒー文化と魅力とは

レギュラーとインスタント、オススメはどっち?

コーヒー

インスタントコーヒーとレギュラーコーヒーには、それぞれメリットとデメリットがハッキリしています。自分のライフスタイルに合わせて使い分け、コーヒーライフに彩りを与えましょう!

レギュラーコーヒーのメリットとデメリット

メリット・風味や香りがハッキリしていて、味の完成度が高い

・コーヒーを淹れる時間そのものも楽しめる

デメリット・1杯淹れるのに少し時間がかかるため、忙しい用事がある場合には不向き

・コーヒー用のケトル(やかん)が無いと美味しく淹れられない

・管理に気を付けないと、2週間くらいで味が劣化していく

 

レギュラーコーヒーは、コーヒー豆本来の風味を楽しむことができる点はいいのですが、淹れるのに道具やコツが必要だったり、保存方法を間違えるとすぐに風味が落ちてしまったりと、面倒な部分も多いのが特徴です。

 

しかし、裏を返すとコーヒーに強いこだわりがある人や、管理が得意な人にはむしろオススメと言えるでしょう。

 

ちなみに、豆の保存についてですが、真空状態にして冷凍保存することで、挽いて粉にした場合は約2週間豆のままの場合は2か月くらいは風味を損なわずに保存できます。重要なのは、可能な限り豆の酸化を防ぐことですね。

インスタントコーヒーのメリットとデメリット

メリット・お湯さえあればすぐに淹れられる

・職場や旅行先にも気軽に持ち込むことができる

・レギュラーコーヒーに比べてコストパフォーマンスがいい

デメリット・どうしてもレギュラーに比べて味が落ちる

・レギュラーに慣れると、味が物足りなくなってしまう可能性が高い

 

インスタントコーヒーは風味や味わいの点ではどうしてもレギュラーコーヒーには劣ってしまいますが、それを補えるほどに気軽に飲めるのが魅力です。

 

また、コストパフォーマンスの観点から見ると、コーヒー1杯に必要な粉の量がレギュラーコーヒーは約12グラム。対するインスタントコーヒーは2グラム。インスタントの圧勝です。

 

どこかに出かけるときも、場所を取らずに気軽に持ち運べるため、キャンプなどのアウトドアに重宝するのもポイントですね!

 

結論としては、設備の整った場所(自宅など)で時間をかけてゆったりできる場合はレギュラーコーヒー、時間や道具はないけれどコーヒーを楽しみたい人にはインスタントコーヒーが、それぞれオススメです。

 

関連記事:手動と自動ミルって結局どっちが良いの?買う前に知っておきたい違いとは

関連記事:今更聞けないカフェラテとカフェオレの違いとは?【知らなきゃ恥?】

オススメのレギュラーとインスタントコーヒー

最後に、インスタントとレギュラーコーヒーから、いくつかの個人的にオススメの商品を紹介したいと思います。ぜひ、参考にしてください。

オススメのインスタントコーヒー

created by Rinker
ネスカフェ RSC
¥998 (2020/05/31 10:11:25時点 Amazon調べ-詳細)

コストパフォーマンスと味のバランスが特に優れているインスタントコーヒーです。質の悪いインスタントコーヒーは「ただ苦いだけ」という感じがしてしまいますが、このブランドは違います。

 

しっかりコーヒーのいい匂いがしますし、値段もお手頃価格。普段はレギュラーコーヒーを愛用している人も、予備として買っても損はない一品です。

オススメのレギュラーコーヒー(粉)

created by Rinker
職人の珈琲
¥1,199 (2020/05/31 10:11:26時点 Amazon調べ-詳細)

1杯ずつ淹れることが可能なカップオンスタイルのレギュラーコーヒー。必要な道具がケトルだけですので、後片付けが簡単なのもポイントです。

 

関連商品のに『あまい香りのモカブレンド』や『まろやか味のマイルドブレンド』がありますので、好みに合わせて購入できるのもありがたいですね。

オススメのレギュラーコーヒー(豆)

created by Rinker
サザコーヒー
¥1,500 (2020/05/31 10:11:27時点 Amazon調べ-詳細)

自宅にコーヒーミルやドリッパーなど、十分な器具が揃っている場合は『豆のままのコーヒー』を購入をオススメします。

 

茨城県水戸市を中心に展開しているローカルチェーン店『サザコーヒー』の看板商品ですが、安価でAmazonで注文できるのも魅力です。

 

こちらも豆のままで販売している商品です。店舗はなく、通販のみでの取り扱いになります。

 

一部例外はありますが、基本的に10日と25日の月2回のみの発送となっており、初めて注文する際には注意が必要です。

 

しかし、常に飲み頃の状態でお客様に豆を届けるための配慮ですので、味にこだわる方にはオススメのメーカーですね。

 

関連記事:【アメリカンとの違い】コーヒーってなんでブレンドする必要があるの?

関連記事:コーヒー豆通販のおすすめ比較人気ランキング!コーヒーメディアが口コミ・価格・品質を徹底調査!

自分のライフスタイルに合うコーヒーを。

以上、インスタントコーヒーとレギュラーコーヒーに関する豆知識と、オススメの商品を紹介させていただきました。

 

レギュラーコーヒーに興味がある方は、まずは手軽なカップオンスタイルを試し、ある程度慣れてから『豆のままのコーヒー』に挑戦していくのが、ベストな選択肢でしょう。

 

最終的にはミルやケトル、ドリッパーなどにもこだわり、自分なりのコーヒーの楽しみ方を見つけてくださいね!

 

関連記事:【コーヒーで始める新しい生活】上質な味覚体験を貴方に伝えたい。

関連キーワード
コーヒー, 知識の関連記事
  • こんな症状に見舞われたら要注意!?コーヒーの飲みすぎによる症例一覧
  • ラテアート
    コーヒーにまつわるトリビアをご紹介【会話のネタにぴったりかも? 】
  • 世界1位のコーヒーを決める祭典『カップ・オブ・エクセレンス』その厳しい審査基準とは?
  • 【いつ飲み始める?】子どものコーヒーデビューで知っておきたい3つのこと
  • thirdwave
    知ったかぶり厳禁!今更聞けないコーヒー業界のサードウェーブってなに?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう