先週、まるでドラマみたいな恋をした私の親友の話をしたじゃない?

 

覚えてくれてる? 先週の記事はコチラ

白馬の王子は現れないとお嘆きですか? 実はいるかもしれません。
2018.11.26
私の親友が恋をした。 それは、聞いてる方が興奮するくらいの出会いだったの。私まで大興奮よ。 ドラマみたいな恋なんて嘘っぽいしあるわけないじゃんと思っていたけど、実はあるのかもって思うわ。 今回は、カフェで打ち明けられた親友の恋バナ、ちょっと一緒にワクワクしてみない? というお話。 彼女と彼が出会...…

 

ごめん、もう少しその子について話しておくことがあったの。これ聞いちゃうと、白馬の王子と彼女のこれからを、ますます応援したくなるかも。

 

今日お話しするのは、今からかれこれ10年ほど前、彼女が送ったクリスマスイブの一部始終……。

 

当時大学生だった彼女には、別の大学に通う2個上の彼氏がいたの。その年のクリスマスは、彼女たちが付き合って初めてのクリスマス。そして実は、彼女にとって、その彼氏こそ人生で初めて付き合った彼氏だったのよね。彼氏と初めて過ごすクリスマス、ドキドキしないわけがないじゃない。

 

もう何ヶ月も前から、「ねぇ、りかどうしよう、クリスマスってなにすればいい? なにプレゼントすればいい?」ってもう凄かったわけ。私も「またその話~?」とか言いながら、心の中ではなんだか嬉しかったのよね。彼へのプレゼントも、一緒に買いに行ったなぁ。懐かしい。

 

ちなみに、プレゼントを買ったのはなんと10月(笑)早すぎよね。でも、これでとりあえず彼女ができる準備はひとまず終了。「よかったね~」って言いあってたら。

 

ほどなくして、彼氏からの連絡が途絶え始めた。

 

訳がわからない彼女は、そのままストレートに彼氏に聞いたの。「ここ最近、どうしたの?」って。「悩みがあるなら、私も一緒に考えたい」って。もうね、ほんとにこの子、めっちゃいい子なのよ昔から。

 

そして、彼の返事は

 

「将来がわからなくて、今は恋愛とかできる気持ちじゃなくなってきた。もちろんお前のことは好きなんだよ。でも少し将来のことを考える時間くれない? クリスマスは、絶対に会おう。それまで会わずに待っててくれる?」

 

……というものだった。

 

彼女は、待つことを決めた。彼がすっきりするまで、待とうと決めたの。でもね、会わないだけじゃなく、連絡も一切NG。なんとなく違和感を感じながらも、彼女が待つって決めたならって私も様子を見ていたの。

 

そして待ちに待ったクリスマス。彼女は10月に買ったプレゼントをバッグの中に忍ばせて、待ち合わせの表参道へ向かったの。会えなくて寂しかったけど、今日はきっと楽しい一日になるって信じきってね。

 

結果を先に言っちゃうと、彼女の希望は打ち砕かれたの。

 

待ち合わせ時間の12時に彼は現れたものの、それから一日ずっとずーっとずーーーーっと、会話という会話をしなかったそう。

 

彼女が話しかけても、ほぼ無視もしくは上の空。しびれを切らした彼女が「一体、なんなの?」と半泣きになりながら彼に聞いたのは、待ち合わせから8時間も経ったあとだった。街中がカップルで溢れるクリスマスの表参道。みんな幸せそうに笑いあっているのに、自分たちは一回も目も合わさず、会話もないまま過ぎた時間。

 

勇気を振り絞って聞いた彼女に、彼はこう言ったそうよ。

 

「ごめん。友達に戻ろう」

 

初めての彼氏に、こともあろうかクリスマスに振られた彼女。その日、どうやって家に帰ったかは覚えていないそうよ。それから何か月間かのうちに、あっという間に彼女は5キロも痩せた。口では「もう大丈夫」って言ってたけど、全然大丈夫そうではなかったわ。

 

でも少しずつ、傷は癒えていくもの。1年後のクリスマスには完全復活していた彼女。付き合っている人はいなかったけど、その日は女子みんなで楽しくわいわいクリスマスパーティをしていたの。

 

 

そしたらね、想像もしなかったことが起きたの。彼女の携帯に、1年前に彼女を振ってから何の音沙汰もなかった彼から一通のメールが!! 彼女、「ぎゃあ!!」って叫んでたわよ(笑)

 

彼からのメールになんて書いてあったかというと……。

 

「メリークリスマス。1年前、傷つけてごめん。また友達から彼女に、戻らない?」

 

夢から覚めた彼女は強かった。「1年前に言えなかった罵詈雑言を浴びせてやるー!」って冗談で言ってたけど、彼女が返したメールはこう。

 

「1年前、私はもう大惨事でした。でも、あなたがどれだけ自己中心的で勝手な人かということが、今日で更に分かってしまいました。これからお会いすることは、二度とありません。メリークリスマス。」

 

そこにいる女子たち全員、スカッとしたわ。

 

その男が、彼女と付き合っている当時、浮気していたかどうかは分からない。本当に、ただ将来に悩んでいたかもしれない。もしそうだとしても、自分勝手な自己中男というのには変わりはないと思わない?

 

 

その男は最低だったけど、彼女は失敗からしっかり学んで、成長したのよね。

 

 

そんな彼女が、今恋をしている。

どうか上手くいきますようにって、願わずにはいられないの。

 

先週の彼女のお話はこちら↓

白馬の王子は現れないとお嘆きですか? 実はいるかもしれません。
2018.11.26
私の親友が恋をした。 それは、聞いてる方が興奮するくらいの出会いだったの。私まで大興奮よ。 ドラマみたいな恋なんて嘘っぽいしあるわけないじゃんと思っていたけど、実はあるのかもって思うわ。 今回は、カフェで打ち明けられた親友の恋バナ、ちょっと一緒にワクワクしてみない? というお話。 彼女と彼が出会...…

 

関連キーワード
  • 婚活が成功する人しない人
  • 既婚者のあなたへ。許せるのなら、早めに許そう。
  • 他人の幸せを喜べなくても、それは全然悪いことなんかじゃない
  • 白馬の王子は現れないとお嘆きですか? 実はいるかもしれません。
  • 知るも地獄、知らぬも地獄。
  • 見つめ合う彼女と彼氏
    なにがどーしてそーなった?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事