コーヒーは好きだけど、カフェインを大量に摂ると調子が悪くなるという方にオススメなのが「デカフェコーヒー」です。コーヒーアレルギーやカフェイン過敏症の人でも、コーヒーの味は好きだから飲みたい…なんて人もいますよね。

 

「デカフェと普通のコーヒーって何か効果が違うんだろうか?」

「カフェインのメリットもうまく活用できないだろうか?」

 

筆者はカフェイン耐性があまり強くないので、デカフェコーヒーも併せて飲むようにしています。そこで、ふと上記のような疑問が思い浮かびました。

 

カフェインが苦手でも、「気分を切り替えたい」「集中したい」といった時にはどうしてもコーヒーが恋しくなりますよね。

 

こちらの記事では、デカフェコーヒーの効果を確認しつつ、どう普通のコーヒーと使い分ければいいのかをまとめてみました。

デカフェコーヒーとは?カフェイン含有量は10%以下!

デカフェコーヒーとは、通常のコーヒーからカフェインを取り除いたものです。ちなみに「カフェインレスコーヒー」と「デカフェコーヒー」は同じものになります。

 

日本の規定では90%以上のカフェインを除去していれば、デカフェコーヒー(カフェインレスコーヒー)として販売することができます。よって、デカフェコーヒーであっても、カフェインは全くのゼロというわけではありません

 

カフェインが含まれていない飲み物は「ノンカフェイン飲料」となり、ルイボスティーやハニーブッシュティー麦茶などがあげられます。

 

関連記事:コーヒー×紅茶は名コンビ!?「鴛鴦茶(えんおうちゃ)」って知ってる?

 デカフェコーヒーは美容や健康に効果的!

デカフェコーヒーはカフェインの含有量は大きく抑えられていますが、コーヒーに多く含まれているクロロゲン酸」は除去されずに残っています

 

ポリフェノールの一種であるクロロゲン酸によって、期待できる効果は以下のものがあげられます。

 

  • アンチエイジング(老化予防)
  • ダイエット効果
  • 糖尿病の予防

アンチエイジング

コーヒーに多く含まれるクロロゲン酸には「抗酸化作用」があります。体の酸化を防ぎ、シミ、シワといった老化の予防に効果的です。

ダイエット

クロロゲン酸には、脂肪の燃焼を促進する作用があるため、ダイエットに効果的です。特に肝臓の脂肪代謝には効果的で、「脂肪肝」の予防にもなります。

 

関連記事:ブラックコーヒーダイエットは「クロロゲン酸と適度な運動」がキモになる

糖尿病の予防

クロロゲン酸には、糖の吸収を穏やかにする効果がありますので、糖尿病の予防に効果的です。特に食後に飲むようにすると、血糖値の上昇を抑えることができます。

香りによるリラックス効果

こちらはクロロゲン酸ではないのですが、コーヒーの香りには「精神を落ち着かせる効果」が確認されております。デカフェコーヒーでもコーヒーの香りはきちんと残っていますので、ほっと一息つきたい時に効果的です。

デカフェは「浅煎り」がおすすめ

美容から健康まで、多くの効果を期待できるクロロゲン酸は熱に弱くなっております。よって、豆を加熱する時間が短い「浅煎り」のデカフェの方がクロロゲン酸の効果を得やすくなっています。

 

関連記事:深煎りと浅煎りの違いとは?焙煎度合による味の違いを知る

空腹時には飲まない方がよい

メリットと合わせて、クロロゲン酸のデメリットの方も確認しておきましょう。

 

クロロゲン酸は胃酸の分泌を促進する作用がありますので、空腹時に飲むと腹痛を起こす可能性があります。胃袋が空っぽの時にはあまり飲まないように気をつけましょう。

 

関連記事:コーヒーを飲むとお腹が緩くなる!?下痢との関係性を調べてみました。

デカフェコーヒーと通常のコーヒー(カフェイン)をうまく活用しよう!

コーヒーに含まれるカフェインを、より効果的に活用できるタイミングがあります。

 

こちらでは、通常のコーヒーとデカフェコーヒーをうまく使い分けられるように、カフェインをとった方が良いタイミングをまずは確認していきましょう。

 

通常のコーヒー(カフェイン)を有効活用できるタイミング

カフェインの摂取が特に有効なのは、以下のタイミングがあげられます。

 

  • 朝の目覚めの一杯
  • 集中力を高めたい時
  • 運動の前後

 

朝の目覚めの一杯!

カフェインには「覚醒作用」がありますので、寝ぼけた頭をすっきりさせたい時にコーヒーは効果的です。確かに、寝起きにコーヒーを飲むと、頭がシャキッとする感じがありますよね。

 

カフェインは集中力を高める!

カフェインによって集中力が高まり、生産性が向上することを実証した実験があります。

 

62名の大学生を対象として、「コーヒーを飲んだグループ」「ミネラルウォーターを飲んだグループ」とに分けて課題(簡単な計算)を行わせました。

 

その結果は、コーヒーを飲んで課題を行ったグループの方が10%程度、ミネラルウォーターを飲んだグループより得点が高かったのです。

 

「集中したい時」にコーヒーを飲むのは、とても効果的なのです。

カフェインによってトレーニングの効果がアップ!

コーヒーのカフェインで脳を刺激することにより「筋の最大出力量」アップを期待できます。加えて「集中力」も上がりますので、トレーニングの効果をよりあげることができます。

 

コーヒーに含まれるクロロゲン酸、カフェインはともに「脂肪燃焼の促進」効果がありますので、ダイエットにも最適です。

 

関連記事:肉体改造にはコーヒーが必須アイテム!?筋トレとコーヒーの深い関係とは?

 

カフェインを摂取して、実際に効果を発揮してくるのは30分から1時間後と言われています。よって、トレーニングの1時間前あたりにコーヒーでカフェインを摂取しておくと良いでしょう。

 

また、カフェインには血流を促進する効果もありますので、トレーニング後の疲労回復にも効果的です。

14時を過ぎたらデカフェに切り替えよう!

カフェインのメリットはありますが、通常のコーヒーは午前中かもしくは昼過ぎ(14時あたり)までにしておき、それ以降にコーヒーを飲みたい場合はデカフェにすることをお勧めします。

 

コーヒーによって摂取されたカフェインが、睡眠に害を及ぼさない程度に分解されるのには、約8時間ほどかかってしまうからです。

 

昼食後までなら大丈夫ですが、夕食後の一杯はデカフェにしたほうが良いということですね。「19時までならコーヒーは大丈夫」という記述もたまに見られますが、それでは寝るまでに十分カフェインは分解されないのです。

 

夕方以降であっても作業で疲れた時、ほっと一息コーヒータイムを入れたい時もありますよね。確かにカフェインには「集中力アップ」の効果もありますが、遅い時間にコーヒーを飲むと睡眠に影響が出ます。

 

デカフェの香りには「リラックス効果」もありますので、集中力の切れた頭のリフレッシュには十分効果を発揮できると考えられますよ。

デカフェが飲めるカフェやコンビニを紹介!

「コーヒーを飲みたいけどもう遅い時間だから、夜に寝れなくなるな…」

 

コーヒー好きであれば、このようなシーンはよくありますよね。夕方以降の作業時にコーヒーが飲みたくなることもよくあります。

 

こちらでは遅い時間でも安心して飲めるデカフェ(カフェインレス)を販売しているカフェ、コンビニを紹介していきます。

 

  • スターバックス
  • タリーズコーヒー
  • ドトールコーヒー
  • コメダ珈琲
  • 星乃珈琲
  • ミスタードーナッツ
  • 無印良品
  • ローソン

スターバックス

スターバックスでは注文の際、店員にお願いすれば、プラス50円で通常メニューをデカフェにすることができます。風味を落とさず、カフェイン除去率99%を実現しているのがスタバの売りとなっています。

タリーズコーヒー

一部店舗ではありますが、プラス60円でエスプレッソドリンクをカフェインレスに変更できます。

ただ、タリーズでデカフェを飲む場合はホットのみになりますのでご注意ください。

ドトールコーヒー

ドトールコーヒーでは、カフェンレスコーヒーを使用したメニューを多数取り扱っています。値段も220円〜350円(S,Mサイズ)とお手軽です。

 

  • カフェンレス コーヒー(ホット、アイス)
  • カフェインレス カフェラテ(ホット、アイス)
  • カフェインレス 豆乳ラテ(ホット、アイス)

 

このようにメニューが豊富です。

コメダ珈琲

コメダ珈琲では480円〜580円でカフェインレスコーヒーを飲むことができます。ホット、アイス両方あります。

星乃珈琲

星乃珈琲では450円でカフェンレスコーヒーを飲むことができます。カフェインレスであっても、通常のコーヒーと遜色なく、美味しくいただけると評判です。

ミスタードーナッツ

ミスドにもメニューにカフェインレスコーヒーがあります。「カフェインレスコーヒー(ホット、アイス)」「カフェインレス カフェオレ(ホット、アイス)」が300円〜350円で販売されています。

ローソン

コンビニではローソンの「MACHI cafe」でカフェインレスコーヒーを販売しています。値段も150円〜200円と、カフェと比較するとお手軽にデカフェを飲むことができます。

 

  • カフェインレスコーヒー(ホット):Sサイズ150円
  • カフェインレスアイスコーヒー:Mサイズ200円
  • カフェインレス カフェラテ:Mサイズ200円

 

人気7店舗のデカフェ(ディカフェ)コーヒーのおすすめ商品を比較してみました。
2020.3.13
最近、人気カフェでよく見かけるようになった「デカフェ(ディカフェ)」。昨今の健康ブームも重なりカフェインの摂取量を気にする人を中心に愛飲するという方が増えているようです。次々と人気カフェ店からデカフェ(ディカフェ)の商品もラインナップされています。 今回は、人気店の「デカフェ(ディカフェ)」メニュ...…

デカフェコーヒーも使ってカフェインとうまく付き合おう!

本記事で紹介した内容のおさらい!
・デカフェはコーヒーからカフェインを90%以上除去したものである
・デカフェには「アンチエイジング」「ダイエット」「糖尿病の予防」の効果が期待できる
・カフェインは睡眠の質を下げるので、14時以降はデカフェにした方が良い
・「目覚めたい時」「集中したい時」「トレーニングの前後」にカフェインを摂取するのは効果的である
・デカフェが飲めるカフェ、コンビニの紹介

 

デカフェであっても「クロロゲン酸」による、健康、美容効果は期待できます。コーヒー好きな方であっても、睡眠の質を考えると14時以降はデカフェにした方が良いでしょう。

 

カフェインを摂ると良いタイミングも紹介していますので、ぜひこちらの記事を参考に、普通のコーヒーとデカフェをうまく使い分けていただければと思います。

 

寝る前に飲んでもOK! デカフェコーヒーの種類と楽しみ方
2020.3.13
「人は見た目じゃない」この台詞はイケメン・美人・ブス...誰が言っても全く説得力がない。見た目の良いヤツが「顔じゃない」だの「人は中身」だの言っても腹が立つだけではないか。なんなら「俺はイケメンだぞ!」と言ってるヤツの方がまだ好感が持てる。 外見と中身が伴なってないとモテないというが、デカフェコー...…
関連キーワード
コーヒー, 知識の関連記事
  • パリのカフェ
    【希代のコーヒー好き】フランスの文豪バルザックのコーヒー習慣
  • アイスコーヒー
    自宅で簡単!水出しアイスコーヒーの作り方
  • 【コーヒーで始める新しい生活】上質な味覚体験を貴方に伝えたい。
  • 【コーヒーと体調と味】コーヒーがまずいと感じたら体調不良のサイン?
  • 『○○円節約になる!?』缶コーヒーの代わりに水筒を持ち歩こう!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう