女性の後ろ姿

気温もやっと上がってきて、春らしい季節になってきたわね。
この前の週末は、鎌倉散策に行ってきたの。
せっかくだしということで、着物レンタルをして、お寺や町並み散策はもちろん、やっぱりカフェをまわってきたんだけど。

 

鎌倉から江ノ電に乗って少し行ったところにある、長谷寺で有名な長谷駅。

長谷って、珈琲屋さんがすごく多いのね。至る所に珈琲屋さんがあって、しかもおしゃれ。

 

そして入ったお店がビンゴ中のビンゴ。

その日はその連なるお店の1つに入ってきたんだけど。店内のインテリアデザインはかなりおしゃれ。鎌倉にちなんだ食べ物とかもあって可愛らしい。

 

肝心の珈琲の味はというと?・・・・・・うん、最高。

でもね。

 

席が一緒になった女性がとんでもなかったの。

女性グループ3人衆。とっても楽しそうな、華やかなグループ。

彼女たちも観光で、私たちと同じように着物を纏っていたのよね。

 

そのうちの、1人。

それはそれはもう、艶やかで美しい顔立ち。派手な柄の着物もとってもよく似合って、思わず見惚れるほどだったの。

でも、あら素敵✨って、思ったのはほんとに一瞬。

そこのお店は、コーヒーとパンケーキが有名なお店でね。

彼女たちのテーブルにもパンケーキが運ばれてきたんだけど。

 

 

その見目麗しい彼女が口にパンケーキを運び、発した一言。

「うわっこれまじうっめ、やっば!半端ねぇ!」

 

 

ちなみに、どれだけ若く見積もっても、20代は後半。

 

 

興ざめしたのは言うまでもないわよ。

 

なんでそんな言葉づかい?

というか、これまでどうやって生きてきた?って本気で問いかけたくなったわよ。

 

私、思うのよね。

 

どれだけ顔面偏差値が良くてもね
品がなければ話にならない。

 

 

むしろ絶世の美女じゃなくても、品のある女性の方が美しく見えるし、そしてもちろん男性からの需要も高い。

 

自分の彼女が、口を開けばそんながさつな言葉遣いだったら、絶対誰にも会わせたくない。

 

なんにもしゃべらなくて、隣だけを歩かせるだけなら自慢の彼女でしょうね?

でもそれってさ。虚しいじゃない。

せっかくとっても美人さんなんだから。もったいないわよ。

顔面偏差値がすこぶる高いうえに、品まで併せ持つ女性だってもちろんいる。

 

目の前に座る彼女は美貌にかまけて、中身の美しさはどこかにおいてきちゃったみたい。

そんなこと思ってたら、その彼女、店員さんに向かって

 

 

「あ、コーヒーおかわりちょうだい!」

 

って、まさかの

タメ口。

いくら綺麗でも、あまりに品がないとなぜかブスに見えちゃうのよね、不思議。

 

外見をどれだけ見繕っても、結局中身が支えてる。

 

 

人は見かけが9割っていうのは、案外的を得てる。

 

生まれ持った見た目じゃなく、内面から湧き出る魅力や美しさって、どうしても外にもにじみ出るものだから。

 

 

生まれ持った見た目は、放置状態ならいつかきっと腐っちゃう。

 

中身があるからこそ、見かけが美しく、品良くなっていくものなんだということ。

 

 

いつか彼女も、気づきますように。

 

ウソっていつか、ばれるもの。
2018.1.16
嘘の味は、苦い。珈琲みたいって言う人もいるけど、そんなことない。 珈琲はもっとコクのある苦味で、深みもある。そんな嘘だとしたら、珈琲に例えてもいいけど・・・・・・。 そしてウソって、いつかばれるもの。もし本当にばれたくないことなら、ずっと永遠にその点だけは、嘘をまるで真実かのようにつき続けなきゃ...…
本当に喜ばれるプレゼントはこれ!ハイセンスな贈り物で、相手も自分もいい気分♪
2018.3.8
プレゼントって、何を貰っても嬉しいですよね。でもいざ自分が贈る立場になると、「何をあげよう?」と頭を悩ませてしまうことも。 私が考える、プレゼントの神髄。 それは、「なくても支障はきたさないけど、あると生活の質と気分が上がるアイテム」ではないかと思うのです。 そんなアイテムをプレゼントされた...…
関連キーワード
  • 切り捨てられたり、愛されたり。
  • 愚痴女のバトル
  • 「ありのまま」を愛せる?愛せない?
  • 遅すぎるなんて、思ったもん負け。
  • 魅せ方の上手な女。引き出しは、多けりゃいいってもんじゃない。
  • 「自分らしさ」が無くなるような恋ならば。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事