コーヒー豆の在庫をきらしてしまった。

 

近所に最近出来た、いい感じの珈琲屋さんがあったことを思い出して、早速行ってみることになった休日の昼下がり。

美味しかったら豆買おうねーなんて、なんてことない会話をしながら店に入る。

 

そこにいたのは、今まさに男と別れ、さらにはほかの男性へと行こうとしている話で

最高潮に盛り上がっている女性たち。

 

こういう時の女子には、アルコール不要。むしろコーヒーくらいがちょうどいい。

思考を冷静にしてくれるし、なにより酔っ払っちゃうことがない。

 

聞き耳をたてなくても聞こえてくる男の全貌。

 

「うんうん、うんうん。」

 

今の男。そうね、別れた方がいい。

とにかくお金にルーズな彼、彼女に甘えきってなんでも許してくれるって思ってる。

 

「いいやつだけど、将来を考える相手としては、もう無理だよね。」

 

うん、その判断、正解!

 

ひそかにうなずく私たち。

 

「で、今まさに次を行こうとしている男はどーなの?」

 

1人の女性がその子に聞いた。

 

……そうそうそこ、そこが聞きたい。

 

もう、めっちゃ男らしい。しかも優しい。さらに経済力もある。

 

俺はお前のこと好きだけど、彼氏とちゃんと別れてから、好きだって伝えたい。
とか言っちゃうみたい。

 

「次付き合ったら、すぐ結婚も視野に入れると思うー!」

 

うん、まぁそうなる、普通そうなるわよね。でもね・・・・・・。

焦るな女子

私、思うのよね。

焦るな、急ぐな、結婚を。

確かに、その気持ちはわかる。

 

ルーズな彼と決別できて良かったわよね、ほんとに。

別れをしっかり決めることが出来た彼女はすごい。

 

このままズルズル付き合って、結婚しても、きっと彼女は不幸だった

だから。それは良かった。

でもね、だからこそ。

その新しい彼とは、ゆっくりと育んでいってもいいんじゃない?

 

「もーすぐ私も30だから。」

 

その呪縛を作り上げた日本が憎い。

 

でもほら、考えてみて?

 

人生100歳まで生きるとか最近よく聞くけど

そう思うと、30歳なんて、まだまだじゃない?

 

もちろんね、体力とか肌とかもうなにもかもが20代とは違うけど。

結婚って、幸せだけど、生活することだから。

 

いくら尊敬してても大好きでも、腹の立つ日はいくらでも、ある。

なんか、話してる女性がすごくいい子そうだから。

 

焦って失敗するなよ~(笑)そこの女子。

って。柄にもなく応援したくなっちゃったの。

 

ちなみにそこのコーヒー屋さんのコーヒーは、とてもとても美味しかった。

 

今度また来たときは、あの子、幸せになってるかしら。

 

新しい男と、ゆっくり幸せになっていますように。

 

女性の後ろ姿
見た目よりも、なによりも。
2018.3.25
気温もやっと上がってきて、春らしい季節になってきたわね。 この前の週末は、鎌倉散策に行ってきたの。 せっかくだしということで、着物レンタルをして、お寺や町並み散策はもちろん、やっぱりカフェをまわってきたんだけど。 鎌倉から江ノ電に乗って少し行ったところにある、長谷寺で有名な長谷駅。 長谷って、珈琲...…
彼女は今でも俺のこと?
2017.12.12
ずっと気になってるんだけど、なかなか行く機会がないお店って案外あるものよね。 私にとっては、家と駅のちょうど真ん中にあるカフェがまさにそれ。 小人のお家みたいにファンシーなその外観。可愛さだけじゃなく、店の前を通るたびに珈琲豆の芳ばしくも甘い香りが私の五感をくすぐるの。 ずっとずっと行ってみたいと...…
しちゃったんなら、最後まで。
2018.1.27
「私、彼氏のこと本当に好きだし、別れたくないからちゃんと言う。浮気したこと。」 思わず珈琲吹き出しそうになっちゃった。 えーもう、なんなのかしら(苦笑) 今日来たのは、昼間は珈琲専門店、夜はBARで、それぞれオーナーが違うっていうお店。 ヘアメイクの友達が「雰囲気最高だし、落ち着くよ」ってすす...…
関連キーワード
  • 遅すぎるなんて、思ったもん負け。
  • 浮気な男が本気になる時
  • 鈍感女の成せる技
  • きっと全てはタイミング
  • セフレと言っておきながら~その後【1】~
  • 信じれないならそこで『ジ・エンド』

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
カフェっ子リカちゃん
桜も散って、春本番。 そろそろやっと、冬物コートをクリーニングに出せる頃ね。 近所のお気に入りのカフェのコーヒーをテイクアウトして、近くの...